英語4技能対策

IELTS スピーキング  Topic Word 2「MUSIC」

IELTS スピーキング バンドスコア 7+対策法 Topic Word (テーマ別単語) 2 

「MUSIC」


IELTS スピーキングの採点基準「 Lexical Resource (Vocabulary)  語彙の豊富さ」で

高い評価を得るために、Topic Word (テーマ別単語) の習得が必須です。


試験官は、質問のトピック(テーマ)にどれほど、受験者がTopic Word を

使って回答しているかをチェックしています


  例えば、環境問題について話をするとき、climate change, pollution levels などの単語が

すらすら出てくることを期待しています。


Topic Word    テーマ別単語  「MUSIC」 

以下、5つの単語は「MUSIC」に関連したTOPIC WORDです。

単語の定義を覚えましょう




試験で使える!Topic Word   「MUSIC」 

GIG ライブ

┃ 定義


┃ 例文

┃  Collocation 連語


TUNE

┃定義

┃ 例文

┃  Collocation 連語


「Topic Word」をインストラクターと一緒にレッスン!


IELTS スピーキング  Topic Word 1「ENVIRONMENT」

IELTS スピーキング バンドスコア 7+対策法 Topic Word (テーマ別単語) 1  「ENVIRONMENT」


IELTS スピーキングの採点基準「 Lexical Resource (Vocabulary)  語彙の豊富さ」で

高い評価を得るために、Topic Word (テーマ別単語) の習得が必須です。


試験官は、質問のトピック(テーマ)にどれほど、受験者がTopic Word を

使って回答しているかをチェックしています


  例えば、環境問題について話をするとき、climate change, pollution levels などの単語が

すらすら出てくることを期待しています。


Topic Word    テーマ別単語  「ENVIRONMENT」 




試験で使える!Topic Word   「ENVIRONMENT」 

生態系


汚染

Examples


生物多様性

III BIODIVERSITY


Definition



「Topic Word」をインストラクターと一緒にレッスン!



IV erosion – 浸食

Sea level rise is a result of erosion. 



V critically endangered species – 近絶滅種


International Union for Conservation of Nature raised the status for the Chinese and Malaysian species from endangered to critically endangered, just one notch from extinction in the wild.



VI toxic waste –  有毒廃棄物

 Toxic waste is unwanted chemicals that are the result of manufacturing or industry and that are poisonous to living matter.

TOEFL対策 レベル別コースの選び方(中級者)

TOEFL 現状60点以上 目標スコア80点


現状が60点以上で80点を目指ざす受講者向けに以下のコースをご用意してあります。

多くの受講者はTOEFL Speaking → TOEFL Writing → Reading→ Listening と進めています。 

もちろん、 同時に複数のコースを受講することも可能です



●TOEFL スピーキング対策コース


TOEFL Speaking Perfect Master Basic (全100レッスン)

現在スコア60点レベルでも、試験未経験者や基礎をしっかり身に着けたい方

または

TOEFL Speaking Perfect Master Intermediate (全 40 ッスン)



レッスンの特徴


<Speaking Perfect Master Basic>


★目標スコアー 61点(Speakingセクション 15点)を目指す受講者向け

★実際の試験より短く簡単な問題です。

★模範回答を参照に段階的に模範回答へと導きます。

★回答を導くガイドに沿った学習法で、様々なトピックを練習します。

★実際の試験同様、2019年8月テスト形式変更に対応しています。


レッスンの特徴


<Speaking Perfect Master Intermediate>


★本題の前に関連する会話を聴き、質問に回答することで本題に備えます。

★問題は比較的やさしいトピックスを扱います。

★回答に導く質問形式のガイドは比較的やさしく回答できます。

★本題中のリスニングではNote Taking を徹底的に鍛えます。

★模範解答を聞いて自分の回答と比較し、改善点を検討します。

★実際の試験同様、2019年8月テスト形式変更に対応しています。


時間に余裕がある方は、学習時間を増やすステップとして、

TOEFL Speaking 模試 (Mock Test) 特訓ゼミ




<模試(Mock Test)>


★4つのタスク(Independent/ Integrated)を 試験通りの順で進めていきます。

1つのmock testを2レッスン(1レッスン/25分)使い指導します。


Speakingに慣れてきましたら、TOEFL Writing 特訓ゼミ→ Reading 特訓ゼミと進めてください。 同時に複数のコースを受講することも可能です


● TOEFL ライティング 対策コース


TOEFL Writing 特訓ゼミ(Special Seminar) では、Task1(Integrated) で、Basic  又は Advance レッスンをご用意しております。


Basicではライティングを基礎から学び音声(レクチャー)はスクリプトを

使い解答文を練習します。


Advanceでは 全てが実践問題(リーディング→リスニング→ライティング)となります。

使い解答文を練習します。


Task 2 (Independent) では 類似問題になります。


次のステップ ☟


TOEFL Writing 模試 (Mock test) 特訓ゼミ

類似問題を実際の順番通りに進めていきます。 1つの Mock test はIntegrated→Independentの順で進めていきます。所要時間は、それぞれのタスク毎に2レッスン(25分 ×2)が標準です。
1mock test (Integrated→Independent)を4レッスン(1レッスン/25分)使い指導します。 を


●TOEFL リーディング対策コース


TOEFL Reading 特訓ゼミ(Special Seminar) Basic


Basicではライティングを基礎から学び音声(レクチャー)はスクリプトを

使い解答文を練習します。


または


TOEFL Reading 特訓ゼミ(Special Seminar) Regular


Regular: 実際の試験問題同等の語数と難易度のパッセージを使います。
実際の試験問題と同じ問題タイプを使った実践練習です。


● TOEFL リスニング対策コース

TOEFL Listening 模試(Mock test) 特訓ゼミ


試験同様、「Lecture」「Conversation」と進めていきます。
受講者のレベルで1レッスン当たりの所要推定時間が変わります。
上級者:   1mock test=1レッスン(25分)
初級~中級者:1mock test=2レッスン(50分)

IELTS スピーキング  ディスコースマーカー 10  VERACITY「真実」

IELTS スピーキング バンドスコア 7+対策法 ディスコースマーカー 10     VERACITY「真実」





IELTS スピーキングの採点基準「Fluency and coherence : 流暢さと首尾一貫性」で

高い評価を得るために、ディスコース・マーカー(繋ぎ語)を適切に使って

話に一貫性があることをアピールすることが必要です。


ディスコースマーカーというのは、「論理マーカー」とか「シグナルワード」とか、

いろいろと言い方はありますが、簡単に言うと、接続詞、接続副詞や

前置詞句のことです。

ディスコースマーカーを的確に使うことで、話しを論理的に展開することができます。

回は、「真実の機能を持つディスコ―スマーカーを練習していきましょう。


試験で使える!ディスコースマーカー機能表現



▮ディスコースマーカー 機能表現  

 VERACITY「真実」

ディスコ―スマーカーを使った試験で使える文章   

● Sample 1:

 She is confident in her all her lessons. So without a doubt, she’ll ace this test.


● Sample 2:

 I heard she’s fat but in reality, she’s looks gorgeous. Fake news!

VERACITY「真実」 の ディスコースマーカー 



Absolutely    :絶対的に、無条件に、きっぱりと、完全に、

As a matter of fact :実際のところ

Assuredly      : 自信を持って、確かに

Certainly     :確かに、きっと間違いなく

Doubtless     : 疑いなく、多分、おそらく、

Genuinely     : 心から、 純粋に

In actuality      : 本当のところ、実の事を言うと

In reality      : 実は、実際に、本当に

Indisputably   : 議論の余地がなく、明白に

Literally       : 文字どおりに、逐語的に、誇張なしに、

Obviously      : 明らかに 

Officially     : 公式に、正式に

Strictly speaking  :厳密に言えば

Undeniably     : 否定できないほど、紛れもなく、明白に

Without a doubt  : 迷うことなく


試験で使える! ディスコースマーカーを使った回答文

● 問題

 Do you think people should be polite?

 Use ‘just so you’re aware’ in the beginning of your answer.


● Sample Answer:

Yes, I definitely think people should be polite–and not just to elders and people who are above them in status. I believe everyone should be kind and polite to everyone who deserves it, even when they are younger than you or has a lower status in life as yours. Politeness goes a long way. It can literally change someone’s mood for the better. That’s why be kind and be polite always.

IELTS スピーキング  ディスコースマーカー 9  「話題転換「情報伝達」

IELTS スピーキング バンドスコア 7+対策法 ディスコースマーカー 9     TOPIC CHANGES「話題転換」/  DISCLAIMER「情報伝達」




IELTS スピーキングの採点基準「Fluency and coherence : 流暢さと首尾一貫性」で

高い評価を得るために、ディスコース・マーカー(繋ぎ語)を適切に使って

話に一貫性があることをアピールすることが必要です。


ディスコースマーカーというのは、「論理マーカー」とか「シグナルワード」とか、

いろいろと言い方はありますが、簡単に言うと、接続詞、接続副詞や

前置詞句のことです。

ディスコースマーカーを的確に使うことで、話しを論理的に展開することができます。

回は、「話題転換」「情報伝達」の機能を持つディスコ―スマーカーを練習していきましょう。


試験で使える!ディスコースマーカー機能表現



▮ディスコースマーカー 機能表現  

 TOPIC CHANGES「話題転換」/ DISCLAIMER「情報伝達」

ディスコ―スマーカーを使った試験で使える文章   

● Sample 1:

Everything here is set – the lights, food, cameras. Oh, by the way, you did to get our costumes later.


Explanation: The speaker is saying something and shifted from preparation to picking up.



● Sample 2:

Please be advised that you have to be at the airport 4 hours before your international flight.


Explanation: It shows that the speaker is giving the responsibility to the passenger at the airport.




TOPIC CHANGES「話題転換」 の ディスコースマーカー 


By the way       : ところで、ついでながら

Incidentally       : ついでに(言えば)、ついでながら、ところで

To update you     :  最新情報をお伝えすると

On a different note   : 別の話ですが

Speaking of which   : そういえば

While we’re on the subject : その話のついでだけど


DISCLAIMER「情報伝達」 のディスコースマーカー



FYI, For your information : ご参考までに

(Just) so you know    : ご存知だと思いますが

(Just) so you’re aware  : ご存知だと思いますが

Be advised       : ご承知おきください


試験で使える! ディスコースマーカーを使った回答文



問題

1. Do you think it’s important to read the news every day?

 Use ‘just so you’re aware’ in the beginning of your answer.


● Sample Answer:

Yes, I do believe it’s important to read or watch the news every day. Just so you’re aware, I was a campus journalist during my high school years, so I might be biased here. But I personally believe knowing the news every day makes you more informed. If you know what’s happening around you, you can respond to it accordingly. And while we’re on the subject of news, I also think people should be aware of fake news. It’s everywhere, and it can cause confusion and chaos if we don’t know how to double-check our sources.


TOEFL対策 レベル別コースの選び方(上級者)

TOEFL 現状80点以上 目標スコア100点以上


現状が80点以上で100点以上を目指ざす受講者向けに以下のコースをご用意してあります。

多くの受講者はTOEFL Speaking → TOEFL Writing → Reading→ Listening と進めています。 

もちろん、 同時に複数のコースを受講することも可能です



●TOEFL スピーキング対策コース

TOEFL Speaking Perfect Master Intermediate

または

TOEFL Speaking Perfect Master Advance


時間に余裕がある方は、学習時間を増やすステップとして、

TOEFL Speaking 模試 (Mock Test) 特訓ゼミ


レッスンの特徴

<Speaking Perfect Master Intermediate>


★本題の前に関連する会話を聴き、質問に回答することで本題に備えます。

★問題は比較的やさしいトピックスを扱います。

★回答に導く質問形式のガイドは比較的やさしく回答できます。

★本題中のリスニングではNote Taking を徹底的に鍛えます。

★模範解答を聞いて自分の回答と比較し、改善点を検討します。

★実際の試験同様、2019年8月テスト形式変更に対応しています。


< Speaking Perfect Master Advance>

★問題は比較的難しいトピックスを扱います。

★回答に導く質問形式のガイドは比較的難しくできています。

★本題中のリスニングではNote Taking を徹底的に鍛えます。

★模範解答を聞いて自分の回答と比較し、改善点を検討します。

★実際の試験同様、2019年8月テスト形式変更に対応しています。


<模試(Mock Test)>


★4つのタスク(Independent/ Integrated)を 試験通りの順で進めていきます。

1つのmock testを2レッスン(1レッスン/25分)使い指導します。


Speakingに慣れてきましたら、TOEFL Writing 特訓ゼミ→ Reading 特訓ゼミと進めてください。 同時に複数のコースを受講することも可能です


● TOEFL ライティング 対策コース

TOEFL Writing 特訓ゼミ では、Task1(Integrated) で、Advanceレッスンを受講いただけます。

Advanceでは 全てが実践問題(リーディング→リスニング→ライティング)となります。

使い解答文を練習します。


Task 2 (Independent) では 類似問題になります。


TOEFL Writing 模試 (Mock test) 特訓ゼミ

類似問題を実際の順番通りに進めていきます。 1つの Mock test はIntegrated→Independentの順で進めていきます。所要時間は、それぞれのタスク毎に2レッスン(25分 ×2)が標準です。
1mock test (Integrated→Independent)を4レッスン(1レッスン/25分)使い指導します。 を


●TOEFL リーディング対策コース


TOEFL Reading 特訓ゼミでは、実践コース(Regular)を選ぶことができます。

Regular: 実際の試験問題同等の語数と難易度のパッセージを使います。
実際の試験問題と同じ問題タイプを使った実践練習です。


● TOEFL リスニング対策コース

TOEFL Listening 模試(Mock test) 特訓ゼミ


試験同様、「Lecture」「Conversation」と進めていきます。
受講者のレベルで1レッスン当たりの所要推定時間が変わります。
上級者:   1mock test=1レッスン(25分)
初級~中級者:1mock test=2レッスン(50分)

複数コースを同時に受講する方法


同時に複数のレッスンコースを受講する場合の ご留意点

当スクールでは、レッスンカリキュラムを順番に進めていくために、
最終受講歴を全ての講師が共有し、受講歴から次の教材を用意しております。 


受講者がレッスンコースを変更する場合は、事前に「講師への連絡」からお知らせいただき、

教材の変更に対応させていただいております。


● 複数のレッスンコースを同時に受講されたい方は以下の3つの方法がございます。


(1) 1つのアカウントで複数レッスンコースを受講する

    予約のたびにレッスンの内容を「講師への連絡」から伝える

    (例:IELTS Speaking Lesson 5)


           複数のレッスンコースを交互に受講しますと講師が混乱したり、

    お客様側でも予約のたびにレッスンの内容を講師に伝えるなど

    管理が煩雑になりますことをお許しください。


(2)優先順位を決めてまとめて受ける


   優先順位を決めてある程度まとめた数を受講いただき、

   次のコースを受講いただくことをお勧めいたします。

   (例 スピーキングコースを20回受講後ライティングコースを20回受ける)


   又は、1つのコース終了後に2つ目のコースを受講されますと

   よりスムーズになります。


コース変更のタイミングでご予約の際「講師への連絡」からご希望の

レッスン名(英字)をお伝えください。

例: I would like  to change lesson course to XXXXXXX 

「講師への連絡」からご希望のレッスンを伝える方法はこちらからご覧ください。


一度、受講頂くと、カリキュラムの順番で進めてまいります。

また、マイページに表示されておりますコース名も最終受講コースが表示されます。




(3) アカウントを分けて管理


   よりスムーズに複数コースを同時に受講することをご希望される場合、

   こちらでお勧めしている方法は、アカウント(会員登録)を受講する

   コース分作り、アカウント毎にコースをご購入いただくことで

   同時に複数コースを混乱せずに受講いただくことも可能でございます。 

  アカウント毎に受講歴、予約(キャンセル)の運用が可能になります。


● 複数アカウント保有のご注意点


レッスン予約に必要なポイントの購入・管理はアカウント毎にお願いします。

後日ポイントを別のアカウントに移行したり、1つのアカウントに統合することはできません。

また、ポイントの追加購入の際は、アカウント毎にご購入をお願いします。


複数アカウントを1つのメールアドレスで管理


複数アカウントを作る場合アカウント毎に別のメールアドレスの登録が必要です。 

ただし、Gmailのエイリアス機能を使えば複数のアカウントを
1つのメールアドレスで管理できます。


Gmailのエイリアスは、所持しているメールアドレスを軸に
新しいメールアドレスを複数作成できる機能です。


注意: Gmailアカウントをもう一つ作成する必要はございません。ご利用Gmailで@の前に+(数字又はアルファベット)を加えて弊社会員登録にご入力いただくだけです。

エイリアスについてはこちらをご覧ください

TOEFL対策 レベル別コースの選び方(初級)

初心者  TOEFL スコア 60点未満


●TOEFL スピーキング  特訓ゼミ Starter


現在のTOEFLスコアが60点未満の方は、TOEFL Speaking 特訓ゼミ Starter 60から始められることをお勧めいたします。 

TOEFL Speaking 特訓ゼミ Starter 60 受講メニューはこちらから


こちらは問題にリスニングがないのでスピーキングの基本をしっかり身につけることができます。


または


TOEFL Speaking 特訓ゼミ Basic practice

Task 1 以外が基礎練習を選ぶことができます


Speakingに慣れてきましたら、TOEFL Writing 特訓ゼミ→ Reading 特訓ゼミと進めてください。 同時に複数のコースを受講することも可能です


● TOEFL ライティング 特訓ゼミ(Basic)

TOEFL Writing 特訓ゼミ では、Task1(Integrated) で、Basicレッスン

を受講いただけます。

Basicではライティングを基礎から学び音声(レクチャー)はスクリプトを

使い解答文を練習します。


Task 2 (Independent) では 類似問題になります。


●TOEFL リーディング 特訓ゼミ (Basic)


TOEFL Reading 特訓ゼミでは、基本コース(Basic)を選ぶことができます。

Basic:実際の試験問題より短く、易しい内容のパッセージを使います。
問題タイプ毎にレッスンが作られていますのでTOEFLの出題形式に簡単に慣れていただけます。


● TOEFLスピーキング 次のステップ

TOEFL Speaking 特訓ゼミ Stater 60  でスピーキング力の基礎が

身につきましたら、次にTOEFL Speaking Perfect Master Basicに進んでください。

実際の試験同様、リスニングとリーディングが入った複合問題も

取り扱います。 ただし、実際の問題よりも難易度が低いものになります。

IELTS スピーキング ディスコースマーカー 8  「不確実」「譲歩」

IELTS スピーキング バンドスコア 7+対策法 ディスコースマーカー 8     UNCERTAINTY「不確実」/  CONCESSION「譲歩」



IELTS スピーキングの採点基準「Fluency and coherence : 流暢さと首尾一貫性」で

高い評価を得るために、ディスコース・マーカー(繋ぎ語)を適切に使って

話に一貫性があることをアピールすることが必要です。


ディスコースマーカーというのは、「論理マーカー」とか「シグナルワード」とか、

いろいろと言い方はありますが、簡単に言うと、接続詞、接続副詞や

前置詞句のことです。

ディスコースマーカーを的確に使うことで、話しを論理的に展開することができます。

今回は、「不確実」「譲歩」の機能を持つディスコ―スマーカーを練習していきましょう。


試験で使える!ディスコースマーカー機能表現



▮ディスコースマーカー 機能表現  

 UNCERTAINTY「不確実」/  CONCESSION「譲歩」




ディスコ―スマーカーを使った試験で使える文章   

● Sample 1:

The program is supposedly a musical thing but they don’t have enough artists to complete the cast.


Explanation: The initial idea is different from what is done. In this sentence, we use the word supposedly



● Sample 2:

You have to read this book at any case. It’ll change your life.


Explanation: It means the book is important and the person must read it.




UNCERTAINTY「「不確実」 の ディスコースマーカー 


Arguably  : (十分)論証できることだが、おそらく(間違いなく)

Conceivably :想像では、あるいは、たぶん

Indeed   : 実に、実際に、まったく、本当に

Evidently :  明らかに、見たところでは、どうやら

Perhaps, possibly : あるいは、たぶん、もしかして

Presumably, seemingly :思うに、多分、(…)でしょうね

Supposedly : 推定では(…と思われる)、…と想像される


CONCESSION「譲歩」 のディスコースマーカー



Admittedly : 疑いもなく、明白に、確かに

After all  : 何といっても、やはり、結局

All the same  : まったく同じ、それでも、やはり

Anyhow, anyway : どのようにしても、いずれにしても、

At any rate   :  とにかく、どんなことがあっても

In any case/ event : どうあろうと、いずれにせよ、とにかく

Nevertheless : それにもかかわらず、それでも


試験で使える! ディスコースマーカーを使った回答文



問題

1. Do young people nowadays like to do outdoor activities? 

Use ‘admittedly’ in the beginning of your answer.


● Sample Answer:

For the most part, I think there are a lot of young people who still love the great outdoors. I’d look at my social media account and see people my age that are hiking, trekking, camping, and even backpacking. Admittedly, I’m not a big fan of those activities. But there are evidently lots of younger people who enjoy the mountains, most especially the beach. As for me, I prefer to stay indoors and read books.


IELTS スピーキング  ディスコースマーカー 7  「時」「判断」

IELTS スピーキング バンドスコア 7+対策法 ディスコースマーカー 7     時 TIME, 判断 ASSESSMENT






IELTS スピーキングの採点基準「Fluency and coherence : 流暢さと首尾一貫性」で

高い評価を得るために、ディスコース・マーカー(繋ぎ語)を適切に使って

話に一貫性があることをアピールすることが必要です。


ディスコースマーカーというのは、「論理マーカー」とか「シグナルワード」とか、

いろいろと言い方はありますが、簡単に言うと、接続詞、接続副詞や

前置詞句のことです。

ディスコースマーカーを的確に使うことで、話しを論理的に展開することができます。

今回は、「時」「判断」の機能を持つディスコ―スマーカーを練習していきましょう。


試験で使える!ディスコースマーカー機能表現



▮ディスコースマーカー 機能表現  

「時」 TIME / 判断  ASSESSMENT



ディスコ―スマーカーを使った試験で使える文章   

● Sample 1:

Paul started his own business few years. Meanwhile, his wife is still in school and will graduate soon.


Explanation: Something is going on with Paul at the same time with his wife.



● Sample 2:

The picture on the wall is oddly painted.


Explanation: It explains that the painting is strange.




「時」の ディスコースマーカー 


After a while : 後に、少し間をおいて、少し間を置いて、しばらくしてから

After than         : ~よりも後に

Afterward              : のちに、あとで、その後

At the same time  : 同時に、(…と)同時に、そうではあるが

In the meantime  : (2 つのことが起こる)その間に、それまでは

Meanwhile      : (次のことが始まる)それまでは、(一方)その間、そうしている間に、

Previously         : 以前に、前もって

Simultaneously   : 同時に、(…と)同時に

Subsequently     : その後、後に、(…に)続いて


「判断」のディスコースマーカー



Astonishingly   驚くほど

Oddly      奇妙に、奇異に、奇妙にも

Importantly    重大に、大事そうに、(さらに)重要なことには

Incredibly    信じられないほど、非常に、

Inevitably    必然的に、必ず、当然

Ironically    皮肉に、反語的に、皮肉なことには、

Justifiably    正当に、当然に、当然なこととして

Regrettably   気の毒なほどに、残念にも、遺憾ながら、

Unremarkably  通常の状態で


試験で使える! ディスコースマーカーを使った回答文



問題

1. How do you organize your time? 

Use ‘at the same time’ in the beginning of your answer.


● Sample Answer:

 I think that’s a really tough question. I love organizing my things, but sadly, I can’t seem to manage my time well. Anyhow, I have this plain notebook where I jot down everything I need to do that day and put how much time I need to spend on a particular task, or at least how much time I think I need to spend on it. At the same time, I avoid my phone by all means, especially if I’m working on an important chore. I also turn off my social media notifications so that I don’t get distracted.

Drill  ドリル 


赤色で示した一般的なディスコースマーカーを変えて、文章のパターン又は文章スタイルを変更してください。(ただし、主張するアイディアは変えてはいけません)


1. We have to hurry up packing our bags. Our bus will be here in a while. 2. The project manager took care of everything – materials, workers, shifts, venue, but more importantly, medics and daily wage are all set. 3. The materials used in the car are strikingly elegant. 4. We tried to get the tickets, but, sadly, it was sold out in 10 hours. 5. You have to hold the stick and pull this rope at the same time so that it can reveal the painting.


答えはマイチューター講師とレッスンで!