英語4技能対策

IELTS スピーキング ワンランク上の言葉

▮ 高得点を狙うならワンランク上の言葉を使う

 

 

 

バンドスコア7.0 、8.0 の 高得点を取るには「good, bad, nice, or okay」などの

単純でつまらない言葉は避けましょう。

例えば、「 happy」ではなく、幸せを感覚的に表現する慣用句

を使ってみてください。

幸せを表示する慣用句

● Over the Moon  (大喜びする)

● Tickled Pink  (心の底から嬉しい)

● Walking on Air  (有頂天 )

● In Good Spirits  (上機嫌)

● Jumping for Joy  (高揚感)

sad 悲しい を表す表現

「sad」は悲しさの程度を限定しない汎用的な表現なので、sadだけでは

どのくらい悲しいのか伝わりにくいことがあります。

状況に応じて程度を表現する副詞を添えると、悲しみの程度はより具体的

に表現できます。

● slightly sad   (ちょっとだけ悲しい)

● so sad    (とても悲しい)

● deeply sad (ひどく悲しい)

● extremely sad  (すこぶる悲しい)

さらに具体的な悲しみの種類やニュアンスまで表現するなら、他の言葉を

使って表現してみてください。

Sorrowful  (悲痛)

We cannot go back to the past. My heart was filled with sorrow.

過去には戻れない。 私の心は悲しみであふれた。

Mournful  ( 死者への哀悼)

I’m still mourning my mother’s death.

いまだに母の死を悲しんでいます。

また、簡素なおもしろくない言葉を避け、

想像力や表現力もった言葉で話を始めてください。

The object I’m going to describe is ….‘.    おもしろくない話し出し

評価の高い想像力を持った話し出しの例

If I was about to lose everything and could only save one thing it would be my …‘, or

I’ve got several things that mean a lot to me but the one that really stands out is my …

IELTSスピーキングでバンドスコア7.0 以上の高評価を狙うなら、
使う単語一つ一つに気を遣うことが必要です。

IELTS スピーキング 話の順番を変えて「構文力」をアピール!

▮ 話の順番を変えて「構文力」をアピール!

 

 

 

IELTSスピーキングでは、日常的なことが聞かれます。

時系列的に単純に答えていくだけでなく、

話す順番を変えてみることで多様な構文を採用し、それがポイントアップにつながります。

例えば、「あなたの思い出に残る休日はどんなことですか?」

と聞かれることがよくあります。

‘We went to the Philippines for our holiday last year.

First, we went to Manila and enjoyed in Enchanted Kingdom.

Then we went to Ilo-ilo and swam in Boracay .

After that we went to Bohol and climbed Chocolate Hills.

Finally, we went to Cebu and saw big whales.”

こちらの答えは、文法的には間違いありませんが、採点基準にある

「多様な構文を適切に使っているか」の点で高評価は得られません。

そこで、話の順番を少し変えることで、

構文 ’Before + Verb + ing’.  を使った少し高度な話しになります。

 ”Before going to Bohol and climbing Chocolate Hills we visited

Ilo-ilo and swam in Boracay.”

IELTS スピーキング  話を始める秘訣とは⁉

▮ IELTSスピーキング  話を始めるコツは? 

IELTS スピーキングテストの特徴は、試験官との1対1のインタビュー形式

となっているところで、内容は3つのパートで構成されています。

初めの質問は学校、仕事、趣味など日常的なことを聞かれます。

普段から日常的な応答に慣れることに加え、文法にも気を使いながら練習してください。

IELTSスピーキングテストでは、質問に答える準備時間は用意されておりません。

従いまして、受験者は直ちに話始めなければいけません

誰でも、話始めは緊張したり、適切な言葉が思い浮かばず、

なかなかスタートができないものです。

まごまごしていると減点の対象になりまうので気を付けたいものです。

そこで、話しを始めるときのコツを教えます。

それは、試験官の質問をリピートしたり少し換えてみたりして話をスタートさせます。

例えば、「 What did you enjoy doing as a child ?

( あなたが子供のころに楽しかったことを教えてください)」と聞かれたら、

What did I enjoy doing as a child? Let me see…

That’s not something I’ve thought about before. It’s an interesting question.」

このように話を始めるとよいでしょう。

試験官の質問をリピートすることで、回答までの時間稼ぎができますし、

試験官とのコミュニケーションをスムーズに始める雰囲気が出ます。

ネイティブのリアル英語 【get the show on the road】 さあ、始めよう!

アメリカ人が毎日使うスラング・イディオムを学ぶ!

ネイティブのように話せるようになるのも”in no time”(あっという間)!

 

 

ネイティブのリアル英語 【get the show on the road】   さあ、始めよう!

 

“get the show on the road”

「仕事や計画などを開始する、実行する」という意味です。

 

芸能界から生まれたイディオムで、稽古を重ねたショーを

いよいよ巡業の旅に出す、というイメージです。

さあ実行に移そう、といった気持ちで、現在は広くビジネスで使われます。

 

なにか新たなプロジェクトなど、計画を行動に移そうというときや活動しようというときに



Let’s get this show on the road.




と格好良く使ってみて下さい。



例文1

 

Once a girl makes up her mind, she wants to get the show on the road. 

 

一度決心すると、少女はさっさと始めたがる。

 





例文2

 

He wanted to get the show on the road before he changed his mind.

彼は気持ちが変わる前に計画を実行したかった。






「get the show on the road 」 習得・攻略

 




 

ネイティブのリアル 英語:

 

I can only stay at this meeting for thirty minutes, so let’s

get the show on the road.




学校で教わる英語:

 

I can only stay at this meeting for thirty minutes, so let’s

begin right away.


ネイティブのリアル発音:

 

I c’n only stay at this meeding fer thirdy minutes, so let’s

get the show on the road.

 

ネイティブのリアル英語 【to die for】 めちゃくちゃいいよ!

アメリカ人が毎日使うスラング・イディオムを学ぶ!

海外ドラマ、日常生活で使われるリアルな英語が楽しく自然に身につく!

 

 

ネイティブのリアル英語   to die for  めちゃくちゃいいよ!

 

to die for は” This chocolate is to die for!” のようにいわゆる補語として

使われることもありますし、to die for blueberry muffinsのように

名詞の左側置くこともできます。

 

「死んでもいいと思わせるもの」、「死んでまでも欲しいと思うもの」と

少し大げさな表現ですが、アメリカ人の会話の中では、頻繁に使われる言い回しです。

「めっちゃ良いよ」というイメージです。

 

同じ意味で、 to kill for. とも言います




例文1

 

The chocolate cake that I had yesterday was to die for !

昨日食べたこのチョコレート・ケーキは死ぬ程絶品だったわ!





例文2

 

This dress is to die for!

 

このドレス、めちゃくちゃ素敵!(死ぬほど欲しい!)






「 to die for 」 習得・攻略

 



 

 


 

ネイティブのリアル 英語:

 

I’ve never tasted such a wonderful pie in my life! It’s to die

for!


学校で教わる英語:

I’ve never tasted such a wonderful pie in my life! It’s

absolutely fantastic!



ネイティブのリアル発音:

 

I’ve never tasted such a wonderful pie ’n my life! It’s ta die

for!


同義語、類義語

 

wonderful ,fantastic

 

スピーキング力を劇的に上げる練習法 鏡の前で!?

▮ 一人でもできるスピーキング練習 鏡の前で話す効果は? 

 

 

スピーキングの上達はとにかく毎日話すことです。

そうは言っても 「話す相手がいない」ことも多いですよね。

相手がいなくてもスピーキングの練習ができる効果的な方法があります。

しかもこの練習法はIELTSスピーキングにも最適なんです。

 

鏡の前で何か身近なトピックを話してみてください。

話す時に注意することがあります。

必ずアイコンタクトボディーランゲージを気にしてください。

 

 

IELTSスピーキングは試験管と1対1の対面式で行われます。

鏡に映った自分を試験管に見立て目を見ながら話してみましょう。

もちろん、ずっと凝視する必要はありません。

話す時間の50%〜70%が妥当です。

 

また、ボディランゲージを使い身体で表現することも大事です。

身体を使うことで、あなた自身がリラックスでき、

アイディアを言葉にするのが楽になります。

また、言いたいことが試験管にもよく伝わることで評価も上がります。

 

▮ 話す内容は身近なこと

 

初めは照れ臭いかもしれませんが、慣れていくと、話しているときの表情や、

口の動きにも注意するようになります。

マイクの前でひたすら話すTOEFLスピーキングと違い、

IELTSスピーキングは面接官との対面式ですから、

受験者はなるべく笑顔で表情豊かに話すことも大切です。

さて、参考までに鏡の前で話すトピックをいくつかご紹介しますので、

まずはこちらの身近なトピックから始めてみてください。


FAMILY

  • Describe your family

  • Do you have a large or small family?

  • How much time do you spend with your family?

  • What do you like to do together as a family?

  • Do you get along well with your family?

  • Are people in your country generally close to their families?

 

WORK

  • What do you do?

  • What are your responsibilities?

  • How many hours do you work each day?

  • Do you enjoy your work?

  • Is there some other kind of work you would rather do?

  • If you could change your job or profession, what would you do?

  • Describe the process of getting a job in your country.

  • Describe the company or organization you work for.

  • What is your position?

  • What do you like about your job?

  • What do you dislike about your job?

 

EDUCATION

  • Describe your education.

  • What kind of school did you go to as a child?

  • Did you go to a co-educational school?

  • What was your favorite subject as a child?

  • Who was your favorite teacher?

  • What is the education system like in your country?

  • Do you think your country has an effective education system?

 

▮ 何度も繰り返し練習すること

 

初めに申し上げた「アイコンタクト」と「ボディランゲージ」に注意しながら

何度も繰り返し練習してください。

Fluency and  Coherence・・・話しぶりの流暢さ、首尾一貫」は

IELTSスピーキング評価基準です。

上のトピックスを流暢にはなせるまで練習を続けてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Question:

 

One of the 4 criteria the IELTS Speaking is assessed on is Lexical Resource. What does this mean?

a. Show your knowledge of English grammar by using a range of words.

b. Show your knowledge of English vocabulary by using a range of words.

c. Show your knowledge of English pronunciation by using a range of words.

スピーキング上達の技! 自分のことをたずねてみる

 ▮ 自分のことをたずねてみる

IELTSスピーキングテスト Part1では、試験官は、受験者と挨拶を交わしてから、

氏名および本人を確認します。それが済と、 直ぐにテストが始まります。

Part 1では、質問の全てが短文です。 試験官はごく身近なことをたずねてきます。

受験者やその家族、専攻科目や仕事のことなので、だれでも初対面で話すことです。

英語の基礎がしっかりしていれば問題なく答えられます。

Part2 では、試験官が選んだトピックについて、1〜2分、短いトークをします。

トピックは、基本的に、受験者自身や受験者の日常生活、受験者の出身国に関するものです。

受験者はトピックカードを選ぶことはできませんが、イベント、思い出、人物など、

具体的に何について話すかは自分で決めることができます。

Part2では、 Part1と違いやや長いトークになりますので、話の構成一貫性

話しぶりの流暢さが重要な評価要素となります。

多くの受験者は英語そのものではなく、「何をどのような展開で話すか」に頭を悩ませます。

本番で悩まないためにも、普段から自分の経験や自分の仕事、学校、関心ごと、

自分の国について考えをまとめておくようにしてください。 

英語に集中するためにも自分自身のことをよく知ることです。

speaking 6

▮ 自分の中で重要なことを考える / 自分の人生で関心ある人物

Part 1では受験者自身の身近なこと(日常的なこと)について短く、

簡単に答えていきますが、Part 2では、 受験者自身についての、イベント、思い出、

人物、特定の活動や出来事、物や場所について短いトーク(約2分)を求められます。

あまり普段考えないことを英語ですらすらと話す問題ですか、 繰り返し練習が必要です。

それでは、次の2つのトピックで練習してみてください。

Think of important   /  interesting people in your life:

 

Ask yourself:

When did you meet them?

How long have you known them?

Why are they important/interesting?

Can you remember something you did together?

What about a conversation you had with them?

Think of important events in your life:

Ask yourself:

What it was?

Where did it happen?

Who were you with at the time?

What else was happening in your life then?

What one thing stands out in your memory about it?

How well do you remember it?

Think of places you have been to:

 

Ask yourself:

Where it was?

How did you get there?

In what detail can you describe the place?

Can you describe the general area it is in?

Would you want to go back there?

Think of your possessions:

Ask yourself:

How long have you owned it?

Where did you get it?

Is it special or something normal?
How often do you use it?

どうでしたか? IELTSスピーキング Part 2では、試験官が選んだトピックについて、

短いトーク(約2分)をします。 試験官はあなたにトピックカードを渡しますが、

そこには、トピックとそれに関連する質問が3つ書かれています。

それらの質問は、話の流れを作るヒントとなるもの(プロンプト)です。

別のカードに替えてもらうことはできません。

与えられたカードでテストは進行します。

トピックは完全に予測することはできませんが、よくでるものに関しては、

 2分間で話せる内容(約150語〜200 語)を書いて、それを繰り返し音読してください。

▮ IELTS 関連クイズにチャレンジ!

 

Question:

One of the 4 criteria the IELTS Speaking is assessed on is Grammatical Range & Accuracy .

What does this mean?

a. Use a variety of sentence structures

b. Show your knowledge of English vocabulary by using a range of words.

c. Use synonyms, instead of repeating the same word over and over again.

スピーキング裏技! 時間稼ぎの「埋めフレーズ」

 ▮ 時間稼ぎ「埋め」に役立つフレーズ

スピーキングテストでは試験管は、受験者が、頭に浮かんだアイディアを関連づけて

整理しながら明快に表現し、スムーズに話を進めているかを判定します。

間が空いたり言いよどんだりしたとき、「アイディアを探しているのか、

それとも、単語や構文がでてこないのか」を試験管は見ています。

 

ielts speaking 22.jpg

 

埋め」言葉や台詞は、考えたり、答えを準備する時間を確保するために使います。

例えば、少し自信がないときや考えがまとまらないときは、” Erm” や “Hmm” を挟みます。

埋めフレーズとしては、“Well, I don’t really know but I think … ” や

” Let me see… ” が使えます。

また、質問のキーワードの反復も、会話ではごく自然なことです。

キーワードを反復している間に、話す内容について考えることができます。

 

加えて良いことに、試験官が何気なく反応してくれることです。

「イエス」と相槌をうったり、うなづくだけかもしれませんが、

試験官の反応を見ることができます。

ただし、質問全部を反復しては絶対にいけません。

 

IELTSスピーキングセクションでは、試験官は

受験者のスピーキング能力を最大限引き出そうとします。

決して意地悪な質問や難解な質問で受験者を困らせることはありません。

 

しかしながら、試験官は質問内容に関連したsub-Topicsをいくつも用意していますので、

あまり多くの追加質問を受けないように、自分のペースで話ができるようにします。

 

それには、質問に対し、なるべく長く具体例を挙げながら、

質問に答えるようにしてください。

決して、Yes… のような答はしないでください。

試験官はこのような答えを期待していません。

 

 

それでは具体的に間をつなぐ「埋めフレーズ」をいくつか覚えておきましょう。

Well, in my honest opinion
Well, to be honest
Well, frankly
I have to say that
I’m of the opinion that
..it’s my opinion that
..the vast majority of information on the web
..some of the information found on the web
..a very small percentage of information taken from the web
..is completely reliable
..is particularly unreliable
..lacks any reliability
For example, just look at
Take ___ as an example,
___ is a case in point,

 

 

「埋めフレーズ」を使うことで、評価基準「話しぶりの流暢さ」「語彙の豊富さ

を試験管にアピールすることができます。

埋めフレーズの後、豊富な語彙力と表現力を使い筋道立てた会話ができれば、

あなたのスピーキング スコアアップは間違いありません。

説得力あるスピーキング秘策! Call-To-Action とは?

▮ Call-To-Action (行動喚起)とは?

toefl speaking 17
Call to Action」とは、

それを聞いた人に何か行動を起こさせるための呼びかけです。

TOEFLスピーキング Question 1

(身近なトピックに対し、具体例を挙げて自分の意見を話す)の中で

「Call to Action」を上手に使うことで、

あなたの意見に説得力が加わり、スコアアップにもつながります。
toefl speaking 18

Call – To-Actionを使うことで、

あなたの主張をより明白に説得力を持たせ

聞き手に行動を誘導させる効力があります。

例えば、あなたが聴衆にこんな風に呼びかければ、すぐにでも行動に移すかもしれません。

  • …adopt a new business process

  • …attend an event

  • …register a vote

  • …join a club

  • …donate money to a children

  • …eat more vegetables

 

Call-To-Actionは、明確で直接的でなければなりません。

何か、助言的であったり、提案である必要はありません。

聞き手に行動を喚起する言葉ですから、弱弱しいものであってはなりません。

婉曲的な表現ではなく、直接的な言葉を使ってください。

  • “ Maybe you could think about joining…” ではなく、“Say…“ と言ってください。
  • “It would be good to train for…” ではなく、“Train for…” と言ってください。

聞き手があなたの主張をどう思うかなどと推測する必要はありません。

あなたの主張をストレートに伝え、聞き手があなたの主張から

行動に移すことを想定してください。

 

▮ TOEFL でCall-To Actionを使う!

toefl speaking 19
TOEFL スピーキングテスト Question 1では、

実際に、Call-To-Actionを使ってこのように表現します。

Call-To-Action

 

「つなぎ語」+ 「あなたの主張」+ 「Call- To -Action」

In sum, I conclude that computer games are a bad influence on kids.
Parents, turn off the computer. Now!

Finally, I believe that recycling is a good way to help the planet.
Don’t throw paper and plastic away.  Recycle!

 

Call-To-Action と Rhetorical  Question

 

もう一つの主張を印象付けるテクニック

「Rhetorical  Question」を加えるといっそうあなたの主張が聞き手に

強く印象付けることができます。

 

「つなぎ語」+ 「あなたの主張」+ 「Rhetoric Question」 + 「Call- To -Action」

In closing, I believe that computer games are a bad influence on kids.
Parents, turnoff the computer !  Do you really want violent kids ?

When all is said and done, I contend that recycling is important.
Save the planet!  Can you imagine a world full of garbage ?

「 Call- To -Action」と「Rhetoric Question」の位置を変えることもできます。

 

「つなぎ語」+ 「あなたの主張」+「Call- To -Action」+「Rhetoric Question」

 

In closing, I conclude that computer games are not good for children.
Do you really want violent kids ?
Parents, turnoff the computer. Now !

When all is said and done,
I assert that computers are important for fun and for learning. 
Can you imagine  a world without computers ?
Be happy. Be productive. Buy a computer!

 

▮ TOEFL 勉強法 Call-To-Action

 

TOEFLスピーキング Question 1 では、身近な話題についてあなたの考えを求められます。

  • ペットはあなたに必要ですか?
  • 小学生に携帯電話は必要ですか?
  • 英語を世界共通語にすることに賛成ですか?

 

上のような例題集を使い、Call-To-Action を使ってあなたの主張を展開する

勉強法を取り入れてください。

まずは無料体験レッスンへGO!!  ご登録はこちらから

日本人が絶対苦手なイントネーション【Stress Rule 】とは?

▮ ネイティブらしいイントネーションを身に付ける

 

IELTSスピーキングは試験管と対面式テストです。

リーディング、ライティングなどと違い、ネイティブスピーカーが

目の前にいるために緊張するかもしれません。

しかしマンツーマンでの会話に慣れておくことでむしろ

リラックスできるようになったりできるものです。

 

試験官は受験者のスピーキング力を判定するために質問をしてきます。

受験者はネイティブ英語に近い英語を話すテクニックを身に付けることで

話そのものが自然に上手く聞こえてきます。

正しいイントネーション(強弱)を身に付けることで受験者の英語は試験管に

好印象を与えます。

 

speaking 4

▮ 会話の中での強制(Stress patterns ) –   文の強弱ルールについて

スピーキングテストでは、試験官があなたの話す英語について評価する際、

他の受験者と比較するわけではありません。

あくまでもネイティブスピーカーと比較することになります。

言語によって違いはありますが、とりわけ日本語は

文の中の一つひとつの単語の強弱がほとんどありません。

それに引き換え英語では、文の単語の重要性により強弱を付けます。

ネイティブスピーカーである試験官からするとこの英語の強弱(stress ) が

大変気になるところなのです。

Stress rule ( 強弱)

 

1.Content words (内容語)の基本

 

Content wordsは通常強く発声する単語になります。

名詞、動詞、形容詞、副詞 となります。聞き手に話の内容をイメージさせたり、

伝えたい主な内容になります。

私たちは、聞き手に話の内容を早く理解してもらおうとします。

そこで、聞き手にわかり易いようにcontent words を強く発音するのです。

Content words (内容語)の例

 

ielts speaking 18.jpg

 

2. Function words ( 機能語)

 

Function wordsは通常強く発声しない単語になります。

文章を文法的に正しく構成するために必要な単語です。

代名詞、前置詞、冠詞、接続詞、補助動詞がそれに当たります。

Function words は強く発声しませんが、使い方を間違えたり、言い忘れたりすると、

英語レベルが疑われてしまいます。

 

例 ;  I CHOOSE to SEE all that is INTERESTING  and BEAUTIFUL.

Function words ( 機能語)の例

ielts speaking 19.jpg

 

Exceptions (例外)

 

上のルールは通常の強弱ルールですが、時には例外的に、

伝えたい単語がFunction wordであったりします。

例:
“They’ve been to Mongolia, haven’t they?” “No, THEY haven’t, but WE have.

ielts speaking 20.jpg

 

  1. content words are stressed

  2. structure words are unstressed

  3. the time between stressed words is always the same