英語4技能対策

ネイティブのリアル英語 【bomb】 大失敗

アメリカ人が毎日使うスラング・イディオムを学ぶ!

海外ドラマ、日常生活で使われるリアルな英語が楽しく自然に身につく!

 

 

ネイティブのリアル英語 【bomb】   大失敗

 「爆弾」を意味する「bomb」という単語は皆さん知っていると思いますが、

ネイティブの若者はスラングとして全く違う意味で「bomb」を使います。

 

「That’s a bomb.」で「大失敗だ」「最悪だ」という意味になります。

 

「映画などの興行的な失敗」で使われることが多いです。

 

上記の「a bomb」はネガティブなニュアンスでしたが、

「the 」が伴うときにはポジティブな意味になりますので注意してください。

 

「This shit is the bomb!(これマジで凄い!)」や

 

 

「I loved it! it was the bomb!(凄いクールで滅茶苦茶気に入った!)」など

何かを褒める時に便利な表現です。



例文1

 

They spent tens of millions of dollars on that movie, but it was a bomb.

あの映画を作るために何十億円も使われたが、大失敗に終わった。





例文2

 

I totally bombed my final exam. I wanna die!

期末試験を完全にやらかした。しにたい!





「 bombr 」 習得・攻略

 

 




ネイティブのリアル 英語:

 

Poor Gina. She produced a movie with her own money

and it turned out to be a bomb.



学校で教わる英語:

 

Poor Gina. She produced a movie with her own money

and it turned out to be a complete failure.



ネイティブのリアル発音:

 

Poor Gina. She praduced a movie with ’er own money ’n it

turned out ta be a bomb.

 

 

同義語、類義語

 

dud, fantastic

 

リスニング試験 必殺技! Note-Taking

▮ 試験中ノートが取れる!

TOEFL iBT では、リスニングに限らず全てのセクションで

ノートを取ることが許されています。 

     それをどう利用するかが得点に大きく影響します。

 

チェックインの際に、指定の鉛筆と

メモ用紙(A4サイズ3枚程度がホッチキスで止めてある)を渡されます。

試験中に交換することもできますが、使用済みのものは交換の際、

渡さなければならないので要注意です。

解答の際必要な情報が書き込まれたメモ書きが取られてしまうからです。

また、試験が行われていない時間に何か書き込んでいると

不正行為とみなされますのでこれも要注意です。

取ったノートは解答の為に活用し、試験後その紙は返却します。

 

▮ ノート活用のポイント! (note-taking)

 

ノートを取る理由は話の主題と目的と詳細情報の記憶を助けるためと、

話の構造を把握するための2つです。

 

引用以外は自分の言葉にして短くまとめて書き取りますが、

書くことに注意が集中しないように気を付けてください。

英語を聴きながら手を動かすことは結構難しいことです。

相当慣れていないと

聞き逃す/ 聞き取りの理解が下がる」可能性があることも心しておきましょう。

 

なるべく書き込みの間にスペースを空け

修正や付け足しができるようにすると良いでしょう。

 

数学記号(+ – x = ‹› ≻≠)や 矢印(→ ↓)などを活用することで
英語音声に集中することができます。

ノートの取り方は人によってそれぞれのスタイルがあると思いますが、

ノートは次を中心に取りるといいです。

  1. 大切だと思ったこと
  2. 主要な単語や表現・繰り返される表現
  3. 数字や日付
  4. 人名や地名や固有名詞
  5. はっきりとした重要な例
  6. 強調される普遍、一般化表現 (generally, always, usuallyなどを伴う表現)
  7. 話し手の態度 (曖昧‣動揺・感情的・確信・皮肉・ユーモアなど)
  8. 長めの息継ぎの前後 (主題文と要点文を捉える)

 

ネイティブのリアル英語 【blockbuster】 大ヒット作

アメリカ人が毎日使うスラング・イディオムを学ぶ!

ネイティブのように話せるようになるのも”in no time”(あっという間)!

 

 

ネイティブのリアル英語 【blockbuster】   大ヒット作

 

“ Blockbuster “ は、アメリカ人の日常生活で使われることが多くあり、

映画や本などの「大ヒット作」という意味になります。

 

その語源は、「ゴッドファーザー」「ジョーズ」等、それまでの常識を破る

大ヒット作が次々登場した’70年代のアメリカ映画界において、

少数の上映用プリントが各地域を順にめぐってゆくそれまでの興行形態から、

大量のプリントを一度に投入し、地域の劇場のほとんどを一本の映画で埋め尽くして

話題性の高いうちに多くの興行収入を得ようとする興行形態への移行が起こり、 

その興行形態を、1区画を1発で木っ端微塵にする大型爆弾の通称から

blockbuster と称したのが始まりと言われています。

 

 

ちなみにまったく売れなかった映画など、「失敗作」は”bomb”

(もとは「爆弾」という意味)と呼ばれるそうです。



例文1

 

Did you already watch that blockbuster movie?

 もうあの大ヒット映画は見たかい?

 


例文2

 

The movie is expected to be the biggest blockbuster of the summer .

その映画はこの夏最大のヒット作になるだろうと期待されている。





「 blockbuster 」 習得・攻略

 

 

 

 

ネイティブのリアル 英語:

 

You have to go see the new movie that just opened. It’s a

real blockbuster!



学校で教わる英語:

 

You have to go see the new movie that just opened. It’s a

real success!



ネイティブのリアル発音:

 

Ya hafta go see the new movie th’t just opened. It’s a real

blockbuster!


同義語、類義語

 

hit , smash,smash-hit

速読テクニック 〝スキャニング” とは?

 ▮ スキャニングって?

 

 

スキャニング」って言葉を聞いたことがありますか?

画像情報を取り込んだり、体の断面を検査するときに「スキャナー」を使いますが、

「速読」のテクニックとして、必要な情報だけをピックアップすることを

「スキャニング」と言います。

「スキャニング」は、「検索読み」などと訳されることもあります。

例えば携帯電話でかけたい相手の電話番号を探すときに、

「あ」から順番に見ていくようなことはしませんよね。

「田中」という人に電話をかける場合は、「た」から探し始めるか、

あるいはグループ分けした電話帳の中からたとえば「会社」というグループを選び、

そこから「田中」を素早く探し当てるはずです。

 

スキャニングすると特定の部分しか読まないので読む速度は格段と速くなります。

IELTSリーディングセクションでは、別々の3つのパッセージを読み、

60分で40問に答えなければなりません。

それぞれの問題の解答を探している時間はわずか30秒だと考えてくさい。

スキャニングを使わなければ大切な時間をロスしてしまうのです。

もう一つの速読テクニック「スキミング」は、全体を素早く読むことです。

何が書かれているか知らない状態で、トピックの概要、アイディア、

道筋を理解するために読みます。

 

一方、「スキャニング」は、特定の除法断片を探します。

日付や数字、時間に関する表現や名前など、何を探すべきか

知ったうえで読むテクニックです。

 

 

▮ スキャニング3つのポイント

1. ます、設問を読んで、設問の中に、解答に結びつくキーワードや

関連するアイディアを探します。

 

2.  そして、パッセージ全体に素早く目を動かします。

左から右に目を動かすのではありません。

キーワードを探すために効率的に、上から下へ、前から後ろ、

あるいは、真ん中から飛び回るように探しましょう。

 

 

3.  設問から推定されるキーワード、名前、番号、フレーズなど、

特定の情報断片だけを探すことに集中します。 

文章を読む必要はありません。

 

▮ それでは、問題を使いスキャニングを実践してみます。

ielts reading 25.png.jpg
ielts reading 26.png.jpg

ielts reading 27.png.jpg

ielts reading 28.png.jpg

ielts reading 29

ネイティブのリアル英語 【to die for】 めちゃくちゃいいよ!

アメリカ人が毎日使うスラング・イディオムを学ぶ!

海外ドラマ、日常生活で使われるリアルな英語が楽しく自然に身につく!

 

 

ネイティブのリアル英語   to die for  めちゃくちゃいいよ!

 

to die for は” This chocolate is to die for!” のようにいわゆる補語として

使われることもありますし、to die for blueberry muffinsのように

名詞の左側置くこともできます。

 

「死んでもいいと思わせるもの」、「死んでまでも欲しいと思うもの」と

少し大げさな表現ですが、アメリカ人の会話の中では、頻繁に使われる言い回しです。

「めっちゃ良いよ」というイメージです。

 

同じ意味で、 to kill for. とも言います




例文1

 

The chocolate cake that I had yesterday was to die for !

昨日食べたこのチョコレート・ケーキは死ぬ程絶品だったわ!





例文2

 

This dress is to die for!

 

このドレス、めちゃくちゃ素敵!(死ぬほど欲しい!)






「 to die for 」 習得・攻略

 



 

 


 

ネイティブのリアル 英語:

 

I’ve never tasted such a wonderful pie in my life! It’s to die

for!


学校で教わる英語:

I’ve never tasted such a wonderful pie in my life! It’s

absolutely fantastic!



ネイティブのリアル発音:

 

I’ve never tasted such a wonderful pie ’n my life! It’s ta die

for!


同義語、類義語

 

wonderful ,fantastic

 

スピーキング力を劇的に上げる練習法 鏡の前で!?

▮ 一人でもできるスピーキング練習 鏡の前で話す効果は? 

 

 

スピーキングの上達はとにかく毎日話すことです。

そうは言っても 「話す相手がいない」ことも多いですよね。

相手がいなくてもスピーキングの練習ができる効果的な方法があります。

しかもこの練習法はIELTSスピーキングにも最適なんです。

 

鏡の前で何か身近なトピックを話してみてください。

話す時に注意することがあります。

必ずアイコンタクトボディーランゲージを気にしてください。

 

 

IELTSスピーキングは試験管と1対1の対面式で行われます。

鏡に映った自分を試験管に見立て目を見ながら話してみましょう。

もちろん、ずっと凝視する必要はありません。

話す時間の50%〜70%が妥当です。

 

また、ボディランゲージを使い身体で表現することも大事です。

身体を使うことで、あなた自身がリラックスでき、

アイディアを言葉にするのが楽になります。

また、言いたいことが試験管にもよく伝わることで評価も上がります。

 

▮ 話す内容は身近なこと

 

初めは照れ臭いかもしれませんが、慣れていくと、話しているときの表情や、

口の動きにも注意するようになります。

マイクの前でひたすら話すTOEFLスピーキングと違い、

IELTSスピーキングは面接官との対面式ですから、

受験者はなるべく笑顔で表情豊かに話すことも大切です。

さて、参考までに鏡の前で話すトピックをいくつかご紹介しますので、

まずはこちらの身近なトピックから始めてみてください。


FAMILY

  • Describe your family

  • Do you have a large or small family?

  • How much time do you spend with your family?

  • What do you like to do together as a family?

  • Do you get along well with your family?

  • Are people in your country generally close to their families?

 

WORK

  • What do you do?

  • What are your responsibilities?

  • How many hours do you work each day?

  • Do you enjoy your work?

  • Is there some other kind of work you would rather do?

  • If you could change your job or profession, what would you do?

  • Describe the process of getting a job in your country.

  • Describe the company or organization you work for.

  • What is your position?

  • What do you like about your job?

  • What do you dislike about your job?

 

EDUCATION

  • Describe your education.

  • What kind of school did you go to as a child?

  • Did you go to a co-educational school?

  • What was your favorite subject as a child?

  • Who was your favorite teacher?

  • What is the education system like in your country?

  • Do you think your country has an effective education system?

 

▮ 何度も繰り返し練習すること

 

初めに申し上げた「アイコンタクト」と「ボディランゲージ」に注意しながら

何度も繰り返し練習してください。

Fluency and  Coherence・・・話しぶりの流暢さ、首尾一貫」は

IELTSスピーキング評価基準です。

上のトピックスを流暢にはなせるまで練習を続けてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Question:

 

One of the 4 criteria the IELTS Speaking is assessed on is Lexical Resource. What does this mean?

a. Show your knowledge of English grammar by using a range of words.

b. Show your knowledge of English vocabulary by using a range of words.

c. Show your knowledge of English pronunciation by using a range of words.

ネイティブのリアル英語 rock-bottom どん底 最安値

アメリカ人が毎日使うスラング・イディオムを学ぶ!

ネイティブのように話せるようになるのも”in no time”(あっという間)!

 

 

ネイティブのリアル英語  rock-bottom どん底 最安値

 

この「rock bottom」というフレーズは「rock(岩)」と「bottom(底)」が連なって

出来ていますが、「どん底」や「最低」を意味するフレーズです。

 

石が水に入って底に落ちていく様だったり、「どん底まで落ちて岩にぶち当たる」

という場面を想像するとニュアンスが掴みやすいと思います。

 

 

このフレーズはネガティブな意味で使われることが多く、誰かの人生を指して

「Hit rock bottom(どん底まで落ちる)」と使われることもあります。

 

また、今までに経験したことが無いくらい安値の場合や、価格が最安値をつけた時などにもよく使われます。





例文 1

I got it at a rock bottom price.

めちゃくちゃ安く手に入れたよ!

 

 

The share value just touch rock bottom this month.

株価が今月で底に達した


 

例文 2

 

My life hit rock bottom.

私の人生はどん底まで落ちた


「 rock-bottom 」 習得・攻略

 

 

ネイティブのリアル 英語:



I’m going to buy a new car today. The dealer is selling them

at rock-bottom prices!


学校で教わる英語:

 

I’m going to buy a new car today. The dealer is selling them

at extremely low prices!



ネイティブのリアル発音:

 

I’m gonna buy a new car taday. The dealer’s selling ’em at

rock-boddom prices!



同義語、類義語

 

extremely inexpensive

 

スピーキング上達の技! 自分のことをたずねてみる

 ▮ 自分のことをたずねてみる

IELTSスピーキングテスト Part1では、試験官は、受験者と挨拶を交わしてから、

氏名および本人を確認します。それが済と、 直ぐにテストが始まります。

Part 1では、質問の全てが短文です。 試験官はごく身近なことをたずねてきます。

受験者やその家族、専攻科目や仕事のことなので、だれでも初対面で話すことです。

英語の基礎がしっかりしていれば問題なく答えられます。

Part2 では、試験官が選んだトピックについて、1〜2分、短いトークをします。

トピックは、基本的に、受験者自身や受験者の日常生活、受験者の出身国に関するものです。

受験者はトピックカードを選ぶことはできませんが、イベント、思い出、人物など、

具体的に何について話すかは自分で決めることができます。

Part2では、 Part1と違いやや長いトークになりますので、話の構成一貫性

話しぶりの流暢さが重要な評価要素となります。

多くの受験者は英語そのものではなく、「何をどのような展開で話すか」に頭を悩ませます。

本番で悩まないためにも、普段から自分の経験や自分の仕事、学校、関心ごと、

自分の国について考えをまとめておくようにしてください。 

英語に集中するためにも自分自身のことをよく知ることです。

speaking 6

▮ 自分の中で重要なことを考える / 自分の人生で関心ある人物

Part 1では受験者自身の身近なこと(日常的なこと)について短く、

簡単に答えていきますが、Part 2では、 受験者自身についての、イベント、思い出、

人物、特定の活動や出来事、物や場所について短いトーク(約2分)を求められます。

あまり普段考えないことを英語ですらすらと話す問題ですか、 繰り返し練習が必要です。

それでは、次の2つのトピックで練習してみてください。

Think of important   /  interesting people in your life:

 

Ask yourself:

When did you meet them?

How long have you known them?

Why are they important/interesting?

Can you remember something you did together?

What about a conversation you had with them?

Think of important events in your life:

Ask yourself:

What it was?

Where did it happen?

Who were you with at the time?

What else was happening in your life then?

What one thing stands out in your memory about it?

How well do you remember it?

Think of places you have been to:

 

Ask yourself:

Where it was?

How did you get there?

In what detail can you describe the place?

Can you describe the general area it is in?

Would you want to go back there?

Think of your possessions:

Ask yourself:

How long have you owned it?

Where did you get it?

Is it special or something normal?
How often do you use it?

どうでしたか? IELTSスピーキング Part 2では、試験官が選んだトピックについて、

短いトーク(約2分)をします。 試験官はあなたにトピックカードを渡しますが、

そこには、トピックとそれに関連する質問が3つ書かれています。

それらの質問は、話の流れを作るヒントとなるもの(プロンプト)です。

別のカードに替えてもらうことはできません。

与えられたカードでテストは進行します。

トピックは完全に予測することはできませんが、よくでるものに関しては、

 2分間で話せる内容(約150語〜200 語)を書いて、それを繰り返し音読してください。

▮ IELTS 関連クイズにチャレンジ!

 

Question:

One of the 4 criteria the IELTS Speaking is assessed on is Grammatical Range & Accuracy .

What does this mean?

a. Use a variety of sentence structures

b. Show your knowledge of English vocabulary by using a range of words.

c. Use synonyms, instead of repeating the same word over and over again.

ネイティブのリアル英語 That’s a rip-off !  ぼったくりだ!

アメリカ人が毎日使うスラング・イディオムを学ぶ!

海外ドラマ、日常生活で使われるリアルな英語が楽しく自然に身につく!

 

 That’s a rip-off !  ぼったくりだ!・パクリ

 

「Rip-off」は、ある物の値段が信じられなく高い値段がついている時に使います。

 

This T-shirt is five thousand yen?   This is a rip-off.

このTシャツ、5000円? ぼったくりでしょ。

 

その他にも「盗む」「パクリ」の意味で使われることもあります。

盗む・パクリの意味では「steal」がよく使われますが、

”rip-off” は少しカジュアルな言い回しです。




例文1

 

That seven thousand yen guitar was a rip-off.   

I strummed it once and all the strings broke off!

あの7万円のギター、ぼったくりだったわ。

一度音をならしたら、弦がちぎれたの!

 



例文2

 

 

That song is a rip-off of Lady Gaga..

その曲はレディー・ガガのパクリだ!






「 Rip-off 」 習得・攻略

 




 

ネイティブのリアル 英語:

 

You paid a thousand dollars for that television? 

What a rip-off!   I saw an identical television yesterday for a

hundred dollars!


学校で教わる英語:

 

You paid a thousand dollars for that television?  

What thievery!   I saw an identical television yesterday for a

hundred dollars!


ネイティブのリアル発音:

 

You paid a thousan’ dollers fer that TV?  

Whad a rip-off!

I saw ’n idenical TV yesterday fer a hundred dollers!


同義語、類義語

 

steal, thievery, theft.

 

スピーキング裏技! 時間稼ぎの「埋めフレーズ」

 ▮ 時間稼ぎ「埋め」に役立つフレーズ

スピーキングテストでは試験管は、受験者が、頭に浮かんだアイディアを関連づけて

整理しながら明快に表現し、スムーズに話を進めているかを判定します。

間が空いたり言いよどんだりしたとき、「アイディアを探しているのか、

それとも、単語や構文がでてこないのか」を試験管は見ています。

 

ielts speaking 22.jpg

 

埋め」言葉や台詞は、考えたり、答えを準備する時間を確保するために使います。

例えば、少し自信がないときや考えがまとまらないときは、” Erm” や “Hmm” を挟みます。

埋めフレーズとしては、“Well, I don’t really know but I think … ” や

” Let me see… ” が使えます。

また、質問のキーワードの反復も、会話ではごく自然なことです。

キーワードを反復している間に、話す内容について考えることができます。

 

加えて良いことに、試験官が何気なく反応してくれることです。

「イエス」と相槌をうったり、うなづくだけかもしれませんが、

試験官の反応を見ることができます。

ただし、質問全部を反復しては絶対にいけません。

 

IELTSスピーキングセクションでは、試験官は

受験者のスピーキング能力を最大限引き出そうとします。

決して意地悪な質問や難解な質問で受験者を困らせることはありません。

 

しかしながら、試験官は質問内容に関連したsub-Topicsをいくつも用意していますので、

あまり多くの追加質問を受けないように、自分のペースで話ができるようにします。

 

それには、質問に対し、なるべく長く具体例を挙げながら、

質問に答えるようにしてください。

決して、Yes… のような答はしないでください。

試験官はこのような答えを期待していません。

 

 

それでは具体的に間をつなぐ「埋めフレーズ」をいくつか覚えておきましょう。

Well, in my honest opinion
Well, to be honest
Well, frankly
I have to say that
I’m of the opinion that
..it’s my opinion that
..the vast majority of information on the web
..some of the information found on the web
..a very small percentage of information taken from the web
..is completely reliable
..is particularly unreliable
..lacks any reliability
For example, just look at
Take ___ as an example,
___ is a case in point,

 

 

「埋めフレーズ」を使うことで、評価基準「話しぶりの流暢さ」「語彙の豊富さ

を試験管にアピールすることができます。

埋めフレーズの後、豊富な語彙力と表現力を使い筋道立てた会話ができれば、

あなたのスピーキング スコアアップは間違いありません。