英語4技能対策

IELTSリスニング対策 絶対に落とせない!  Spelling スペリング問題


IELTS リスニングテストで高得点を取るには、リスニングスキルは基より、

ライティングの2つのスキルアップが求められます。
 


  •  放送内容のポイントをできるだけ素早く書き取るスペルは気にしない

➡   Note-taking
 


  •  解答用紙にゆっくりと正確に書き出す―-スペルを間違えない

➡  Spelling
 

スペリング 基本単語は必ず書けるようにする!

 

IELTS リスニングテストでは、基本単語のスペリングは重要です。 

それは、スペルの間違いは0点になるからです。


難しい単語のスペルは出題されませんが、基本単語は必ず正しくかけるように練習してください。

 

□ 間違えやすい基本単語を知り、練習する


単語のスペリングは、IELTSリスニング受験者にとって悩ましい問題です。


IELTSのリスニングでは、Part1とPart4で、聞こえてきた単語をそのまま

抜き出すディクテーションに近い問題が必ず出題されます。


テストでスペリングを試されるのは基本単語ですが、間違えやすい単語が多くあります。 

英語のスペルは音声とは異なることがよくありますので、何度も練習して覚えるしかありません。


IELTSリスニング過去問を使った「ディクテーション」は最も効果的な対策です。

 

Spelling 問題にチャレンジ!


ここにある基本単語は、IELTSを受験する皆さんは1つも間違えられません。
答えは次回コラムをご覧ください。
 

  1. I am looking  for some _________________.                                                                                                                                       A.  accommodation B.  acommodation  C. accomodation D  acccomoddation

 
2.    I don’t know what to ______________


    A, beleve  B.  believe  C . beleave   D. beleeve
 
3.     Rome is a very ___________ city.                                                                                                                                                                                                                        A.   beautifull  B.      beatifull       C. beautiful      D. beutiful
 
4.  I don’t want to _________ your gift, it is too expensive.


   A.   acsept   B.    expec  C. except  D.  accept
 

  1. We will need to do some more ____________.                                                                                                                                                                                                   A.  riserch      B  research      C   reserch     D.  reaserch

 

  1. I don’t know what you are ____________ to.                                                                                                                                                                                                      A.     referring       B. refferring      C.  refering   D. reffering

 

  1. That is a completely __________ matter.                                                                                                                                                                                                           A.  differrent     B.  different   C.  diffrent   D.  diferent

 

  1. I would ____________ that you read more                                                                                                                                                                                                        A.  reccommend B. recomend   C. recommend    D.. reccomend

 

  1. That is not really ______________                                                                                                                                                                                                                       A.  sufficient B.  suficient     C.  sufficent     D.  suficient

 
10.     They should carry out routine _____________.


  A. maintainance  B.  maintenence  C.  maintainence   D. maintenance
 
11.  That is an interesting ________________.


  A.  development  B.  developement   C. developpemnt    D.  developmant
 
12.    You should do this _______________.


  A.   imediately  B.  immediatly   C. imediatly    D.  immediately
 
13.    I don’t know _________ I should go or not.


  A.   wether B. wheather    C.  weather   D. whether
 
14.    One day I want to be _____________.


  A.   sucessful B. successfull   C. succesful    D.  successful
 
15.    He ____________ to live in Bristol.


  A.   prefered   B. preferred    C.  preffered    D.   prefferred
 
 

IELTSリスニング 問題形式「Form Completion」対策

 

IELTSリスニングでは、6つの出題タイプがあります。

 

今回は Form Completion (書式・メモ・表・フローチャート・要約を完成させる)

について詳しく説明します。

 Form Completionは、全てのセクションで出題されますが、セクション1

で度々出題されます。

セクション1で出題された場合は、簡単な問題が多く、絶対に満点を取るようにしてください。

2人の話者が電話でやり取りすることが多いです。 

以下のような表が問題用紙にある場合、何に注意して音声を聞くかを

考えながら聞くことが大切です。



IELTSリスニングのフォーム記入問題は、音源を聞きながら「フォーム」の

下線の穴埋めをしていく形式です。


フォーム記入問題は、電話番号、住所、名前などの書き取りが多いです。





フォーム記入問題を解く際の注意点

● 始まる前に問題をを見てキーワードに注意しながら音源を聞く
● スピーチの形式― 2人の話者の会話

● 内容―日常生活の一場面でフェスティバルなどイベントの案内、仕事の応募、

  ツアーの問い合わせ、スポーツセンターなど施設への問合せなど

● 音源の順番通りに問題が作られている

●  言い直しによるひっかけが多い
● 言い直された方が答え
● 答えは1か2単語

● 問いは音源でパラフレーズされる
● 詳細となる単語は答えになる可能性が高い



ひっかけ問題


  1. クレジットカード16桁の番号
  2. 数字の読み方 (14 or 40など)
  3. 77888(double seven, triple eightと読まれる)
  4. 住所や地名のスペル
  5. アルファベットの聞き間違い ( BとP, DとTなど)
  6. 数字とアルファベットの複合 (例:B1 4EH)
  7. 月と曜日のスペル (Wednesday, February など)
  8. eleventh of March 2011 = 11 March 2011


✔それでは フォーム記入問題 にチャレンジしてみましょう



スクリプト― 答えになる箇所にラインマーカーを引いています

Good evening. King’s Restaurant.     

Good evening. I’m ringing about the job I understand you have vacant. Oh yes.

I’d like to find out a few more details, if I may.

Yes, of course. Can I take your name?

It’s Peter Chin.

Okay Peter. Well, if you want to ask about the job and then if we’re both still interested, we could arrange for you to come for an interview.

Great, thanks. I’m afraid I missed the advert for the job but heard about it from a friend.

That’s no problem at all. What would you like to know?

Well, um, what sort of work is it – washing up?

It’s Q1 answering the phone.

Oh right, fine.

And not waiting at table.

That’d be good. And how many nights a week would it be?

Well, we’re really only busy at the weekend.

So two nights?

Three actually, so it would work out at twelve hours a week.

That’d be fine. It wouldn’t interfere with my studies.

Are you at the university?

Yes. First year Physics student.

Oh, right.

Um, and because I’m not an EU national would I need a work permit? Yes you would. Just get your tutor to sign it.

That wouldn’t be a problem, if I were to get the job. Um, where exactly is the restaurant?

Well, we have two branches – the one we’re recruiting for is in Q2 Hillsdunne Road.

I don’t know that. How do you spell it please?

It’s H-1-double L-S-0-U-double N-E Road.

Got that. Thanks. Is it near a bus stop?

Yes. Q3 The nearest one would probably be just beside the Library.

Oh yes, I know it. That’d be fine for me. And could I ask about the pay?

We’re offering Q4 £4.45 an hour.

That’s very good. My last job was £3.95 an hour.

We feel it’s pretty good and we also offer some good fringe benefits. Really?

Well, we give you a free dinner, so you eat well.

Right, better than hostel food!

We certainly hope so! And Q5 we also offer extra pay for working on national

holidays.

Oh, that’s a really good perk, isn’t it?

Yes, we think so. And then because of the difficulties of getting public transport,

Q6 if you’re working after 11 o’clock we drive you home.

Oh, that’s good to know.

Well, we’d certainly be interested in inviting you for an interview, if you’re still interested?

Oh yes, certainly. Could I just also ask what qualities you’re looking for? Well, for this particular

job Q7 we want a clear voice, which you obviously do have!

Thanks.

And Q8 you must be able to think quickly. you know.

Well, I hope I’d …

So, when could you come in for an interview? We’re actually quite quiet tonight?

Sorry, I couldn’t come tonight. Or tomorrow, I’m afraid. Thursday’s okay –

that’d be Q9 22nd of October.

Fine, after 5 p.m.?

Yes, fine. Would 6 o’clock be okay?

Perfect. And could you bring along the names of two referees?

Yes, that’s fine, no problem.

Good. I look forward to seeing you.

Oh, by the way, who should I ask for?

Oh yes, of course, sorry. My name is Samira Q10 Manuja.

Can you spell that, please?

M-A-N-U-J-A.

Okay, I’ve got that. Thanks very much.

Look forward to seeing you …

IELTSリスニング対策 必須!テクニック 「パラフレーズ」


「パラフレーズ」は元の文章を他の語彙や英語表現を用いて違う表現

に置き換えるテクニックです。


「パラフレーズ―言い換え」は、IELTSのリスニング問題にも頻繁に使用されています。


問題文で聞こえてきた単語や内容が、違う単語や表現で解答の選択肢で出てきます。


このパラフレーズを理解しておくことで、正答率を上げることができます。


パラフレーズにはいくつか方法があります。

There are several ways to paraphrase.


▮ 単語を変える (Changing word forms)

Andrew Johnson replaced Jack Sullivan as the hero.

    ➔ Andrew Johnson was Jack Sullivan’s replacement as the hero.


▮ 同義語で言い換える (Substituting synonyms)

Helen Davies is the most famous person in this town.

  ➔ Helen Davies is the most well-known person in this town.


肯定文と否定文は、次のように言い換えることができます。

Affirmative and negative sentences can be paraphrased as follows:


▮ 動詞を肯定から否定、または否定から肯定に言い換える

Paraphrase a verb from affirmative to negative or negative to affirmative


 The meeting was difficult.

➔ The meeting wasn’t easy. 


▮ both…and,   neither… nor を使って言い換える

Both Human Resources and the Finance Department were unaffected

when the company was taken over. 


➔ Neither Human Resources nor the Finance Department were affected

when the company was taken over. 


▮ more than/less than を使って言い換える

Bob earns more money than Paul.

➔ Paul earns less money than Bob. 


▮ 文章の単語を並び替えることで情報を言い換える

Paraphrase information by rearranging the words in a sentence


 Most people want to gain promotion at work so they can 

progress in their careers.


➔ In order to progress in their careers, most 

people want to gain promotion. 



練習問題 Practice


(  )の中の単語を使って言い換えてみましょう。

Let’s paraphrase using the words in (  ).

1.The new software is more time-consuming than the old software. (time-efficient)

2.Working in a bank is less interesting than working in a hotel. (more interesting) 

3.Neither managers nor staff in the catering industry earn high salaries. (both/ low) 

4.Most of the company’s employees have little experience in IT. (only a few) 

5.The staff kitchen is usually dirty. (often/ clean) 

6.The meeting was managed badly. (wasn’t/ well) 



解答 Answer

1.The new software is less time-efficient than the old software.

2.Working in a hotel is more interesting than working in a bank. 

3.Both managers and staff in the catering industry earn low salaries. 

4.Only a few of the company’s employees have (any/ some/ a lot of) experience in IT. 

5.The staff kitchen isn’t often clean. 

6.The meeting wasn’t managed well. 

リーディング攻略に絶対欠かせない! 単語の覚え方 

単語を制する者はリーディングを制す ! 


TOEFL iBTリーディングでは、日常会話では使わない学術的単語・表現が頻繁に

出現しますので、テスト対策の為の語彙習得に重みがあることは一目瞭然です。


約700語ものアカデミックな長文が3題出るわけですから、「読む」為に

相当な語彙力が必要なことは言うまでもありませんが、それに加えて、


               リーディングテストの約 25%


が語彙力を試す問題であることで、「スコアアップ」に直結するのです。

1 パッセージあたり4問くらい、3 パッセージだと12問くらいになり、


問題全体の4分の1程度になります。

どれくらい単語を覚えたらいいのか?


日本の受験英語に必要な語彙数は一般に約6000語~7000語と 言われていますが、


TOEFL iBT TESTでは約7000語~8000語


あれば 高得点が狙えると言われています。


但し、Car,Cat のような基本単語も含まれますから、実際に覚えるのは3000語前後です。


単語の覚え方は人それぞれあると思いますが、以下のように単語帳との組み合わせ

で単語を覚えていくことをお勧めします。

単語集を徹底的に暗記する

受験者の本音は、TOEFL iBTリーディングテストに関係ない単語の

暗記は避けたいわけですから、テストに必須単語を重点的に覚えていきましょう。


やはりお勧めは 「3800」です。 3800とは「TOEFL 単語3800」(旺文社) です。

この単語集には全部でレベル1から4までの単語が収録されていますが、

そのレベル3まで暗記すればリーディングテスト問題はある程度わかるはずです。


▮ 単語は発音して覚える (オーディオプレーヤーを使って覚える)

「TOEFL 単語3800 」をパソコンやスマホのオーディオプレーヤーを聞いてきちんと発音する。

これが出来ているか否かで、その人の英語のセンスがわかると言われています。

発音を習慣化していない人は、たいてい英語のセンスがないそうです。

オーディオプレーヤー を使わないと正しい発音を覚えることが出来ないですし、

正しい発音を覚えられないと、リスニング力が向上しません。


人間は、自分が発音できない音を正確に聞き取ることは出来ないからです。



単語は書いて覚えると唱える方もいますが、書くだけの勉強で英単語は覚えられません。

正しい発音・アクセントを覚えなければ単語を覚えたことにならないからです。


単語を脳に定着させるためには書くことも必要ですが、

優先順位としてはお勧めしません。



単語を覚える基本は「発音して覚える」⇒「何度も何度も反復する」

⇒「8割〜9割覚えたら、覚えられない単語を書いて覚える」です。


自分が正しい発音が出来るようになったら、スマホのボイスレコーダー

ICレコーダーに覚えたい英単語を吹き込んで

リピート再生させ通学、通勤時間にサクサクと覚えていきましょう。

▮ TOEFLで高得点を取るために「発音」練習は欠かせない

単語を「発音」して覚えることは、リーディングテストだけではなく、

リスニング、スピーキングを含めて、大切なことは言うまでもありません。

TOEFLで高得点を取るためには、基本的な英語を発音する能力と聞き取る能力

身に付けなければならないからです。

この2つは英語の音を作り理解する技術の訓練を通して一つの能力として身に付けられるのです。


自作の単語帳を作る


TOEFL iBTはアカデミックなパッセージが出題されますので、

生物学、地質学などの必須分野の単語を1000前後覚えます。


お勧めリーディングWEBサイト でも紹介したScientific American

などや「過去問」を読み進める中で、わからない単語があれば、

辞書を引き、どんどん単語集に加えていきます。


辞書は、英和、和英、英英辞書を並行して使うといいでしょう。

調べた単語だけでなく、同時に「類義語」「連語」も一緒に覚えるようにしてください。


TOEFLの語彙に関する問題では、パッセージにでてきた単語・フレーズの意味に近いものを
選ばせる4択問題がでてきます。
設問の「単語・フレーズ」の前後の文脈から判断し、最も適した単語・フレーズを選ぶためには、
「類義語」「連語」の知識が必要なのです。


▮ 連語  collocation

連語とはcollocationの訳で、2つ以上の単語が連結して1つの単語と似た働きをするものです


例えば、

「夢を見る」は have a dream で、see や look を使いません。

また、英語では happy ending で、end は名詞でもあるのに、

日本語のように happy end とは言いません。


このように、文法的なことは無視された単語の並びとなることが

多いので覚えるしかありません。



リテンションでリスニング力を高める

リテンション 1

「聞いていた時はわかっていたのに、
後から思い出そうとすると忘れてしまっている」
こういうことありますよね!
 
リスニングの会話が長いと、なかなかその内容を覚えていられない。
この問題を解決するためには、「リテンション能力」を高める必要があります。
リテンション能力というのは、聞いた音をいったん頭の中にとどめ、
情報を一定時間記憶しておく「記憶力」のような力のことです。

一般に、リスニング問題の内容は難しくありません。 
 
ですから、問題を聞けないというわけではないのです。
むしろ、聞いている最中は個々の単語や表現を理解しています。

しかしながら、聞こえた順番に忘れてしまうために、聞き終
 えて話の内容について問われると、回答できないのです。
 

▮ ディクテーション

 
リテンション力を高める学習法としてはディクテーションがあります。
 
ディクテーションとは、聞き取った英語をそのまま書き出す勉強法のことです。

音だけの情報から、英文を書きだすことで、
リスニング力はもちろん、書くことで語彙力、正しい英文を
書くための文法力を上げる効果があります。
 
学習教材は易しい身近なものから始めるといいでしょう。
また、必ずスクリプトがあるものをご利用ください。
 
聞き取る英文は自分のレベルに合った長さにします。 
英文が長過ぎても短過ぎても練習効果が低くなります。 
適切な長さで再生するようにしてください。

ディクテーション

ディクテーションの流れはこのようになります。
 

1.英文を聞く

 まずは、スクリプトを見ないで、短めのセンテンスを数回(3回程度)聞きます。
聞き取る長さは(区切り)は、徐々に長くしていきますので、
最初は暗唱できるくらいで区切ります(一旦音声を切ります)。
 

2.英文を書く

 頭に残った英文の「イメージ」を思い起こし書き取りを始めます。
単語の意味ががわからなくても、スペルが正確でなくても構わず書き出していきます。
どうしても聞き取れないところは何度か聞き直しても構いません。
また、わからなかったところはチェックしておき後で見直します。
 

3.答え合わせ

 適当なところでスクリプトを見て答え合わせをします。
聞き取れなかった理由をチェックしながら弱点を探していきます。
 
聞き取れない主な理由
 
1.聞き取れていても単語の意味が分からない 
2.似ている単語を聞き間違えている
3.聞き取れずに抜かしている音がある
4.複数の単語が繋がって、構文がわからない
5.文法がわからない

4. 復習

 答え合わせでの間違えを分析したうえで、再度英文を聞きます。
ディクテーションの後は、シャドーイングオーバーラッピング
暗唱などで声に出して音読してみてください。

▮ 展開を予測する能力(Prediction )

リスニングが難しいのは、音を聞き取って、なおかつ、その意味を理解し、
話しの展開や結論を把握する必要があるからです。 
 
リスニングの際に、個々の単語・語句に意識を集 中するあまりに
ストーリー全体の筋を追えていけないために、
要点を聞き逃したりしまうケースがあります。
 
IELTS、TOEFL、TOEIC、英検では、リスニングの
トピックが限られているストーリーが出題されます。
そこで、ストーリーの展開を予測する能力(Prediction )
を高めることでリスニングで高得点が望めます。
 
予測する能力(Prediction )を高める効果的な学習は
過去問」を徹底的に解くことです。

英検1級 ライティング完全攻略

英検1級のライティングは、与えられたTOPICについて自分の主張と

それをサポートする理由を英作文します。


与えられるTOPICは、解答者の意見を Yes か No かで問うタイプと、

Agree か Disagree かを選ばせるタイプの、どちらかであることがほとんどです。


多くは、「発展途上国にとって経済発展は環境保護よりも優先されるべきか」など、社会性が高く、

賛否両論の分かれる話題です。


自分の主張を支える理由を3つ挙げることと、序論、本論、結論という構成

なっていることが要件です。


4つの評価ポイント

英検1級のライティングは以下の4つの観点で採点されます。

①内容
課題で求められている内容が含まれているか

②構成
英文の構成や流れが分かりやすく論理的か

③語彙
課題に相応しい語彙を正しく使えているか

④文法
文構造にバリエーションがあるか、それらを正しく使えているか

適切に応答した内容になっているかどうかです。


第1の観点「内容」で最も大事なポイントは、TOPICを正しく理解し、それに対して


課題とは異なる趣旨のエッセイを書くと、たとえ英語としては正しい文章を書いていても、

0点になることもあります。ですから読み違えないよう、問題文とTOPICは慎重に読みましょう。


また、自分の主張の根拠となる理由を3つ挙げなければいけません。


次の観点「構成」は、自分の主張とその理由をわかりやすく論理的に書けているかがポイントです。

問題文で指示されているとおり、エッセイ全体を序論、本論、結論という構成にすることが必要です。

また、各パラグラフは、核となるトピック・センテンスと、それを支えるサポーティング・

センテンスで構成されているのが理想的です。


パラグラフ内の文章も、つなぎ語を効果的に使うなどして、読みやすく論理的に

配置されていなければいけません。


3つめの観点「語彙」は、課題に相応しい語彙を適切な語法で使えているかを見ます。

同じ語句や表現を繰り返さずに、別の表現などで言い換えていることが評価されます。


最後の観点「文法」は、文法的に正しい文を書けているかです。

文型やパンクチュエーションの観点からも評価されます。


文構造のバリエーションも重要なので、同じ主語を連続して使うことは避け、

無生物主語や受動態など多様な文型を駆使しましょう。


解答形式


5パラグラフのエッセイ形式で解答します。語数の目安は200〜240語です。

それぞれのパラグラフに含む内容を解説していきます。


Introduction(序論)第1パラグラフ


TOPICに対する自分の主張(意見)を述べます。


Body(本論)第2〜4パラグラフ


自分の主張をサポートする根拠や具体例をあげます。


Firstly, …..
Secondly, …..
Lastly, …..


などを使って、第1パラグラフで書いた自分の主張(意見)をサポートする3つ根拠を、

3つのパラグラフに分けて書きます。


Conclusion(結論)第5パラグラフ


自分の主張(意見)を再度、表現を変えて述べます。




頻出トピックの傾向

出題されるトピックは、下記のように多岐にわたりますが、特に国際関係・環境問題・

健康&医療・教育に関するトピックがよく出題される 傾向 にあります。


● 出題されるトピック

経済・国際・世界平和・アジア諸国と日本・アメリカと日本・宇宙開発・環境問題・

エネルギー問題・感染症・テロ・大量破壊兵器・教育・スポーツ(特にオリンピック)・

移民問題・権利の侵害・死刑の是非・民主主義国家・クローン技術


問題例:

• Write an essay on the given TOPIC.
• Give THREE reasons to support your answer.
• Structure: introduction, main body, and conclusion.
• Suggested length: 200-240 words
• Write your essay in the space provided on Side B of your
answer sheet. Any writing outside the space will not be graded.


TOPIC
Agree or disagree: Global overpopulation is a serious threat to the
future of humankind


回答例:

There are numerous reasons why overpopulation threatens the future of humankind. But I believe the gravitas of the issue can be understood best by considering the impact unrestricted population growth has on economies, resources, and the environment.


Firstly, statistics indicate that population growth correlates negatively with economic performance. Experts attribute impressive economic growth to citizens’ high level of savings and investments. However, people in countries with growing populations tend to have large families, and many of these households are unable to save money or make investments due to increased living costs, which impacts economic development.


Furthermore, the strain on resources from overpopulation can manifest itself in many ways. Food shortages, for example, still affect many poorer countries. Attempts to improve agricultural yield in answer to greater demands of larger populations are hampered by limited land space, and with the earth’s finite capacity to produce such resources, the problem will likely worsen.


Finally, environmental degradation caused by overpopulation cannot be ignored. Humans’ reliance on the planet has intensified in the wake of population booms over the last century, as evidenced by environmental issues such as climate change. While solutions are frantically being researched, many believe the damage to nature may be irreversible.

Clearly, without some measure of population restriction, the future appears bleak. Stagnated economies, resource exhaustion, and a withered earth are just some of the issues we must resolve if we are to leave a legacy of hope for later generations. (271 words)

脳科学に基づくリスニング学習法「シャドーイング」 完全攻略

シャドーイングとは?



「シャドーイング(Shadowing)」は、英語を聞きながら、1、2語遅れで音声のあとを

追いかける練習方法です。


聞こえてくる音声を影(シャドー)のように追いかけることから、この名称になりました。


シャドーイングを正しく実践することで、リスニング力だけでなく、

スピーキング力もアップすると言われています。


シャドーイングの効果 1. リスニング


シャドーイングが最も効果を発揮するのは、「リスニングスキルの向上」です。


人間の脳は、自分が発声できない音は、音と認識できません。

そのため、発声できない音声は、発音(英語)が聞き取れません。


なので、シャドーイングによる正しい発声トレーニングがリスニング向上になるのです。


英語を正しくリスニングするには、「音を聞いて(音声知覚)」「意味を理解する(意味理解)

という2つのステップがあります。


これは、母語であっても第二言語であっても同じです。


ステップ 1.耳から入った音声を単語として認識【音声知覚】


ステップ 2. 語彙や文法知識、背景知識などをもとに意味内容を理解【意味理解】


まずは、音声知覚で単語を聞き取り、そのあとに、頭のなかにある語彙や文法知識

などを使って内容を理解します。


ではなぜ、母語では音声を聞いたと同時に理解ができるのに、 英語が第二言語

のリスニングとなると、理解が難しくなるのでしょう。


実は脳内のワーキングメモリ(作業記憶)のなかで「音声知覚」と「意味理解」

は競合しているという点です。

ワーキングメモリとは、情報を一時的に記憶し、

保持する能力のことを指しますが、このワーキングメモリの中には

一定量の情報しかとどめておくことができません。


そのため、英語をリスニングしているときに、英語を正しく聞き取ろうと

意識を集中することで音声知覚(何と言っているのかを把握すること)

メモリ資源をたくさん消費してしまうと、そのぶん意味理解(どんな意味なのか

を把握すること)に使用できるメモリ資源が少なくなってしまい、

結果としてうまく聞き取れなかったということが起こります。


これには、脳の「ワーキングメモリ(一時的に情報を脳に保持し、処理する能力)」

が関係しているのです。


つまり、リスニング力を高めるためには、できる限り音声知覚に使用するメモリを減らし、

意味理解にたっぷりとメモリを使える状態にすることが重要となります。

そこで役立つのが「シャドーイング」のトレーニングなのです。


シャドーイングによる音声知覚を「自動化」後のワーキングメモリ


英語初心者のリスニング時のワーキングメモリ



シャドーイングでは、すべての単語とその発音を正確にとらえる必要がありますから、

音声知覚のプロセスを集中的に鍛えることができます。


そして音声知覚が鍛えられ、自動化される(考えなくてもすぐにできる状態になる)と、

ワーキングメモリのリソースを理解に回せるので、リスニング力が向上するのです。


シャドーイングの効果 2. スピーキング


シャドーイングはスピーキングスキルまでも向上させます。

その理由を見てみましょう。


スピーキングには3つのプロセスがあり、以下の順で進行しています。


プロセス1. 話そうと思うメッセージをつくる【概念化】


プロセス2. 単語や文法知識を用いて、頭のなかで言葉にする【言語化】


プロセス3. 実際に声に出して発音する【調音】


まずは【概念化】。ここでは伝えたいメッセージを思い浮かべます。


次に【言語化】で、脳内に記憶されているメンタルレキシコン(心的辞書)にある、

さまざまな言語情報を参照し文章をつくり上げます。


この言語化のとき、発音やアクセントなども頭のなかでシミュレーションします。


そして最後の【調音】で、口の開き加減や舌の使い方を調整し、

物理的に声を出して発声します。


シャドーイングは、【言語化】と【調音】のプロセスを、何度もリハーサルする

ことになるので、スピーキング力が鍛えられるのです。


また、シャドーイングは発音だけでなく、リズムや息継ぎの場所までコピーするので、

練習するうちに、英語の正しい発音やアクセント、文の抑揚なども習得できます。


シャドーイングの正しいやり方



①自分に合ったレベルの教材を選定する


シャドーイングの教材を選ぶ際、自分の英語レベルに合った教材を選ぶことが重要です。

音声を聞いて内容が7~8割程度理解できるレベルの、少し易しめの教材を選ぶことが

挫折せずに続けるコツです。


また、興味や目的に合った教材を選ぶことも忘れずに。

仕事で英語が必要な方ならビジネス関連の教材、

IELTSの点数アップを狙う方ならIELTSの教材を選ぶなど工夫してください。


英語学習初級者の方は、映画やドラマではなくまずは英語学習者向けの教材を

選ぶことをおすすめします。


また教材は、音声にスクリプトと和訳があるものをお勧めします。


事前に音声のスクリプトを確認し、どんな内容なのか把握しましょう。


時間をかけてでも分からない単語や表現を調べ、音声が何を言っているか

しっかり理解できるようにすることで音声に集中することができます。



②「正しい音」でシャドーイングする



シャドーイングは、間違った音声(発声)でやると効果が半減します。


正しい音を反芻することで脳内にデータが蓄積していき、

音声の知覚能力の向上につながります。


シャドーイングを正しく行うには、音の変化を正しく理解することが重要です。


英語は日本語と全く異なる音の変化をするのが特徴です。


例えば「連結」とは、特定の子音と母音が連続した時に生じる音の変化を表します。


こういった音の変化がどのようになっているか注意深く聴きながら、「聴こえたまま」

発声することに集中しましょう。



③1教材に対して3~4日をかけて完全再現を目指す


リスニング力向上において不可欠なのが「音声データの蓄積」です。


しかし、毎日課題を変えてしまうと「新しい音源に慣れる」ことに労力を使ってしまい、

音声データの蓄積にまで至りにくくなります。


結果、せっかくやっているシャドーイングの効果が出づらくなります。


1つの教材を3~4日かけて発声を再現できるのがリスニング力向上に適しており、

正しい音の変化を耳に定着させるのにちょうど良い期間とされています。


それ以上やりすぎると文章を記憶してしまい、発声するトレーニングに適さなくなってきます。


3~4日かけてシャドーイングすることで、耳で音を捉えて期待する効果を発揮できます。



④ シャドーイングの具体的な流れ


①音源を聞く
②文章を読み、わからない単語や表現を調べて内容を理解する。
③シャドーイング
⑤振り返り


2日目以降
④シャドーイング
⑤振り返り


1.音源を聞く


いきなり初見の音を聞きながらシャドーイングをするのではなく、まず音源を

聞いてみましょう。音源のスピードやリズムを掴むのがポイントです。


また、「どのくらい聞き取れるか?」とリスニングトライをするのもシャドーイング

を進めていくと成長を感じられるポイントなのでおすすめです。


2.文章を読み、わからない単語や表現を調べて内容を理解する


シャドーイングは話の内容に積極的にフォーカスするトレーニングではありませんが、
このプロセスは必ず行いましょう。なぜなら、どの単語を発話しているかを

理解していないと、音声データを蓄積するのが難しいからです。


さらに、文章を読むことで副産物的に表現や語彙などの知識が蓄積される利点もあります。


3.シャドーイング:目安回数20回以上


シャドー(shadow : 影)という名の通り、スクリプト(台本)を見ずに、
音のみを頼りに1~2語遅れながら復唱(シャドーイング)をしていきます。


回数の目安は取れる時間にもよりますが、20回以上実施しましょう。

この時に注意したいのが「音マネ」にならないようにすることです。


必ず「音を聞く→脳内に単語をイメージできている→発話する」という流れで

実施しましょう。もし途中で部分的になんて言っているか全くわからなくなったり

した場合や、単語をイメージできなくなってしまった場合はスクリプトを随時確認

するのを推奨します。が、終始スクリプトを見続けながら実施するのはやめましょう。


もし見続けながらでしかできない場合は教材のレベルが難しすぎるかもしれません。


また、もし自分の声で音がかき消されてしまう場合には、元の音源の大きさを

大きくするか、イヤホンを片耳/両耳につけ実施するとやりやすくなりますよ。


4.振り返り



シャドーイングが終わったらその場でおわりではなく、最後に必ず録音をする

ようにしましょう。その際、自分の音声とお手本の音源を聴き比べ、音源に似せて

発話するにはどうしたらいいか?を確認しましょう。


2日目以降


2日目以降は前日の苦手だった箇所を確認後、上記の4~5のみを実施します。

同じ課題は3~4日ほど実施しましょう。(音声データを蓄積するため)


シャドーイングには、添削が必要


人間の脳は、自分が発声できない音は、音と認識できません。そのため、

発声できない音声は、発音(英語)が聞き取れません。


だから、シャドーイングにおける添削が重要です。


正しい発音でシャドーイングして初めて音として聞き取れる(認識できる)

ようになってきます。自分の発音が間違っているのか、英語のプロから

客観的な添削(アドバイス)を得ることがリスニング力向上につながります。

リスニングが大幅UP!「ディクテーション」完全攻略

ディクテーション(dictation)とは、「流れてくる音声を聞いて、

聞いたとおりに書き起こす」学習法です。


英語学習においては、リスニング力向上のための訓練として取り入れられています。

英語学習者の方で、ディクテーションについて詳しく知らない方や、

リスニングが苦手で悩んでいる方は、ぜひ記事を最後までチェックしてみてください。


今回は、ディクテーションを使って英語能力を格段と向上させる方法を解説します。


1.ディクテーションとは?
2.ディクテーションのメリット
3.ディクテーションの正しいやり方


1.ディクテーションとは?


ディクテーションは聞こえた音を一語ずつ書き留めていく作業なので、

集中して音声を聞かないときちんと聞き取れずうまくいきません。


高い集中力を保つことができるという点で、

ディクテーションは英語学習に効果的なのです。


2.ディクテーションのメリット


ディクテーションのメリットは以下の3つです。


● 聞き取れない単語・熟語がピンポイントで分かる

● 聞き取れない原因が分かる

● リスニング力がアップする


聞き取れない単語・熟語がピンポイントで分かる


ディクテーションを行えば、聞き取れない単語や熟語がピンポイントで分かるようになります。


聞き取れない単語が分かったら、該当箇所を何度も聞いたり、

スピードをゆっくりにして聞くなどして、聞き取れるようになるまで何度も聞きましょう。


聞き取れない原因が分かる


ディクテーションを行えば、英語が聞き取れない原因が分かるようになります。


聞き取れない単語や熟語が、見覚えのある単語・熟語だった場合、

単語・熟語の発音を覚えられていない可能性が高いです。


また聞き取れない単語や熟語が、見たこともない単語・熟語だった場合、

単純に語彙力不足である可能性が高いです。


聞き取れない主な原因


  • 正しい発音を知らなかった
  • 音声変化のルールがわからなかった
  • 単語を知らなかった
  • 熟語を知らなかった
  • 文法的な理解があいまいだったために聞き取れなかった



知らない単語や熟語は大抵の場合、ディクテーションでは書き取れません。


単語帳や熟語帳で学ぶのではなく、ディクテーショントレーニングの中で

知らない語彙を1つずつインプットしていったほうが効率良く勉強できます。


また、教わったことのある英文法も多々出てくると思います。

ディクテーションで出てきたもので文法的にあいまいだったものを

文法書で復習することができます。



ディクテーションを継続的に行っていく中で、

語彙力不足だと分かった場合には、


ディクテーションに加えて語彙力を強化するために

単語帳を使った英語学習を行うべきです。


ディクテーションのデメリット


英語初心者には向いていない


ディクテーションは英語初心者には向いていません。


なぜならディクテーションは、放送される英語音声の8割以上が理解

できる英語レベルでなければ成り立たないからです。


放送される英語音声のほとんどが理解できない状態でディクテーションをしても、

ほとんどの英文を文字に書き起こすことができません。


ほとんどの英文を文字に書き起こすことができなければ、

復習すべき英単語の量が膨大になってしまいます。


1問1問にとてつもない時間がかかり、全く前進できません。


また復習の量が多すぎて手が回らず、英語学習に挫折してしまう方も多く現れるはずです。


ディクテーションをしても、ほとんどの音声を聞き取れないような英語初心者のうちは、

ディクテーションはおすすめできません。


まずは基礎的な英単語や英文法から学習すべきです。


リスニング力がアップする


多くの英語学習者は、リスニング問題を解く時に音声を一度聞き、

復習の時にもう一度聞くだけで、それ以上英語の音声をきくことはありません。


つまり最大でも2回しか同じ英語の音声を聞かないのです。

しかしディクテーションでは、一言一句聞き逃さないように

全力で英語の音声を聞きます。


1回で聞き取るのがベストですが、1回で聞き取れなかった場合は、

繰り返し何度でも英語の音声を聞きます。


よってリスニング力が鍛えられます。


3.ディクテーションの正しいやり方


ではディクテーションのやり方をご説明していきます。


ステップ① 英語音声を何度か聞いてみる


いきなりディクテーションを行う前に、2回から3回程度音声をリスニングします。


目的は耳を慣らすためなので、内容の詳細まで理解する必要はなく、

全体の雰囲気がわかれば大丈夫です。


だいたいの内容をつかみ、おおまかな全体像を把握しておいた方が余裕をもって取り組めます。

もちろん、ある程度自信のある方や慣れている方は

いきなり取り組むチャレンジをしても構いません。


この時点で紙とペンを用意しておきます。

ただし最近では、パソコンやスマホアプリを使ったディクテーションも可能です。

パソコンやスマホアプリを使ってディクテーションをする場合は、

キーボードを使って直接文字を入力するので、筆記用具は不要です。


音声はスピーカーよりイヤホンのほうが聞き取りやすいので、

機材の用意も万全にしておきます。


ステップ② 1文ごとに再生し、止めてから書き取る



書き取りは「1文ごと」を単位として取り組んでください。


音声を再生しながら、英文を一言一句紙に書き取っていきます。


スペルは正確に書き、a/anなどの冠詞、ofやinなどの前置詞も

聞き逃さないように注意してください。


文頭からピリオドまでを流したら、そこでいったん停止してから書き取ってください。

大切なことは、「停止するまではペンを動かさないこと」。

ひとまとまりの1文をしっかりと聞いてこそ、意味のあるディクテーションができます。


必ず、「聞きながら書かないこと」を徹底してください。

聞きながら同時にペンを動かしていると、書くことに意識が行ってしまい、

聞き逃す英語がどんどん増え、結果的に余計に時間がかかってしまうことになります。


また、意識が分散することで極端なぶつ切りのディクテーションに

なってしまうのもよくありません。


英語を英語として聞き、「こんな内容を伝える文だな」と理解できた上で

書き取ることを目指しましょう。


1文が長すぎる場合には、コンマや接続詞などいったん意味のまとまりが

区切れるところで切っても構いません。


ステップ③ 限界まで繰り返す


ディクテーションは何度も繰り返してください。

1回目は聞き逃したけれど2回目以降は聞き取れた、ということもあります。


もうこれ以上聞いても分からないという状態になるまで繰り返しましょう。


ステップ④ スクリプトを見て確認する


スクリプト(原稿)を見て、答え合わせをしてください。


聞き取れなかった部分や、聞き取ったつもりでいても実は間違えていた箇所などを確認し、
赤ペンなどで分かりやすくメモしておきましょう。


ステップ⑤ 問題点を探す



④で確認したところについて、何が問題で聞き取りに失敗したのか検証してください。


たとえば「そもそも知らない単語だった」「知っている単語なのに自分が思っていた発音

と違っていた」「発音の似た別の単語と聞き間違えた」「単語同士の音の連結に気づかなかった」など、

いろいろな課題が見えてくるはずです。


さらに音声の問題以外にも、自分が間違えた箇所では、

単語の語法や文構造がおかしいことに気が付くなど、

文法的な学びが得られることもありますので、細かくチェックします


ステップ⑥ 問題点を克服する訓練をする


⑤の検証結果をもとに、自分の問題点を克服する訓練をしてください。


訓練の基本は音読です。単語であれ音の連結であれ、自分で正しい発音

で言えるようになれば必ず聞き取ることができるようになります。


ステップ⑦ 後日、同じ音声で再ディクテーションする


数日から1週間程度開けてからもう一度同じ音声のディクテーションをしてください。


最初に取り組んだときには聞き取ることができなかった箇所を

正確に聞き取ることができるようになっていると確認できれば、

成長の証として大いに喜びましょう。


もし再度同じ失敗をするようであれば、改めて該当箇所を重点的に練習してください。

マイチューター ディクテーション レッスン お勧め講師

Lei先生、 Pam先生

 

 

試験対策に必須!パーソナル・サポート・プログラムとは

パーソナル・サポート・プログラムは、学習期間内で、目標とするレベルまで
英語力を伸ばせるよう「担当講師」と「学習管理システム」がサポートする無料サービスです。

受講者が、テストスコア履歴、学習目標、目標達成までの期間、達成学習時間
をマイページに入力することで、全講師が目標達成に必要な「学習計画」「時間」

の進捗状況を共有します。


また、無償ミニテストの結果は全て保存され、学習者の成果を講師と共有します。


「学習計画」「時間」「学習成果」を可視化し、受講者と担当講師が細かく進捗状況を管理

することで 講師は的確な指導を行うことができ、受講者はモチベーションを維持する

ことができます。


▮ 短期集中で英語力を鍛える

試験対策では、「2ヵ月間」「3ヵ月間」「半年間」「1年間」等、学習期間が

決まっているケースがほとんど。

受講期間内で、目標とするレベルまで英語力を伸ばせるよう、

短期集中で英語の学習に取り組みます。


漠然と英語の勉強を行うのではなく、「いつまでに何をできるようになりたいか

と期間・目標を事前に設定し、そこに向けて、英語学習を進めていく点は、

パーソナル・サポート・プログラムの大きな特徴です。



▮ 担任講師+カスタマーサポート(日本事務局)による学習サポート

パーソナル・サポート・プログラムでは、受講生一人一人に合ったレッスンプラン

の作成や、学習進捗状況の可視化、講師とのHomework送受信、ミニテストによる

学習成果の把握、担任制―固定予約等、様々なサポートを受けることが可能です。


       以下4項目をマイページから入力してください

* 入力データは全講師が共有します



1.英語レベル(CEFR)の入力― 受講者のレベルを世界標準(CEFR)で自己評価


2. 受講目的 (目標スコア)の入力 (データの可視化、管理)


3. テストスコア履歴の入力(データの可視化、管理)


4. Time Manager の入力(目標スコア、学習期間、学習時間の可視化、管理 )


★ ご入力でお困りの際は、カスタマーサポートが入力を代行いたします

「パーソナル・サポート・プログラム」 主なサービス


1. 講師カスタマーサポート(日本事務局)が受講者の学習計画や進捗状況を共有します。


2. カスタマーサポートが学習目標に合った学習プランをサポート


3. 担任制 予約確保付 (同じ講師が親身にマンツーマン指導)


4. 「 HOMEWORK 機能」を使ったレッスンサポート


5. ミニテスト(単語・文法・リーディング)で学習成果の確認 ーテスト結果は全講師が共有します


6. レッスンへの要望を全講師が共有します。(例:文法を厳しく指導してほしい)

 〇 ご要望は「カスタマーサポート」までご連絡ください。


7.Time Manager が目標点数、合格達成に必要な学習時間を管理します。


IELTS バンドスコア 7+ 対策法! 文法の知識と正確さ 「過去進行形」

IELTS スピーキング バンドスコア 7+対策法  文法の知識と正確さ 10

「 GENDER ROLES 」


IELTS スピーキングの採点基準「Grammatical Range and  Accuracy  文法の知識と正確さ」

で高い評価を得るためには、ミスのない幅広く様々な構文や時制を使うことが必要です。


IELTS試験官に高度な文法知識をアピールしてハイスコアを獲得しましょう!


● バンドスコア  7  レベル

標準的な文でなるべくミスせず、従属節などを用いた高度な構文にトライすること

が大事になります。  助動詞(would, could, should, may) も正確に使えることを

アピールすることが重要です。


● バンドスコア  8  レベル

幅広い多くの高度な文をミスなく使いこなすことが必要です。時制についても正確性

が求められます。 ”完了形” ”進行形” も積極的に使い、ネイティブスピーカーが

自然に話すレベルの文法力をアピールするようにします。


文法の種類と特徴 「 過去進行形 」 


過去進行形の文は現在進行形と同じく be動詞 + ing で作りますが、be動詞の部分を

過去形に変えることで「過去のとある時点で~をしているところだった。」

という意味になります。

〇  was ~ing と were ~ing の2パターンしかありません。


例文 1

I was watching TV  when my son came home

息子が帰ってきたとき、私はテレビを見ていました。

上の英文では、息子が帰ってきたときに、私が「テレビを見る」という継続的な

動作をしていたことが分かります。


例文 2

They were not listening to me at all when I spoke.

He was working there 20 years and they sold the company.


<< 疑問文の作り方>>


過去進行形は be動詞 を文頭に置くことで疑問文を作ります。

例文 :

● Were you listening music when I got home?

● Was she working at 10AM yesterday?




試験で使える!Q&A  「 GENDER ROLES 」



質問 1

Was there a time that you couldn’t do anything because of your gender?







サンプル回答

SAMPLE ANSWER

Not once. It’s really nice because my family and friends are all into equality. I get to do what I want to do as long as I can and want to do it. Unfortunately, there was a time while I was going around the metro that I overheard a person getting angry at a friend because the friend wanted to try some extreme sport. I didn’t like to listen but this person was talking loudly. But I was happy that the friend doesn’t seem to care about the other person’s opinion.


文法の知識と正確さ」をインストラクターと一緒にレッスン!


1 2 3 4 5 6 36