英語4技能対策

担任制-固定予約

担任制-固定予約とは、お客様自身で自由にご予約することに加え、ご希望で

こちら事務局が事前(約2週間前)にご予約を確保するサービスです。

講師名、曜日、時間をご指定いただき、毎週継続して予約を確保します。


担任制―固定予約のお申し込みは、講師名、ご希望時間(曜日、時間)を

マイページ上部メニュー「カスタマーサポート」からメールでご連絡ください。


固定予約は以下2種類ございます。

1. 固定予約 ― 通常予約同様、3時間前までにキャンセルするとポイントが返還されます。

2.特別固定予約 ― キャンセルができない予約になります。


担任制-固定予約の上限コマ数は、お客様のご加入プランによって以下のようになります。

各種特訓ゼミ・特訓コース /  ポイント制プラン

固定予約   最大 週 3コマ (例: Maria先生 月、火、水 15:00~)

特別固定予約 最大 週 2コマ (例: Maria先生 木、金 15:00~)


固定予約に加え、特別固定予約をお申し込みの際は、特別固定予約に該当する時間をご指定下さい。


固定予約 + 特別固定予約 お申込み例

Maria先生  合計  5コマ


固定予約 月曜日 15:00~、火曜日 15:00~、水曜日 15:00~

特別固定予約  木曜日 15:00~、 金曜日 15:00~ 


月額制プラン

固定予約

毎月(8回、12回)コース 最大 週 1コマ (例: Maria先生 月曜日 15:00~)


毎月(16回、20回、30回)コース 最大 週 2コマ( 例: Maria先生 木、金 15:00~ )


月額制プランは特別固定予約はご利用できません。


固定予約 お申し込み方法

担任制―固定予約のお申し込みは、講師名、ご希望時間(曜日、時間)を

マイページ上部メニュー「カスタマーサポート」からメールでご連絡ください。


講師の空き時間(青色表示)はマイページ「講師スケジュール」の講師名を

クリックして、プロフィールの下部でご覧いただけます。

担任制-固定予約 講師空き状況を見る方はこちらからご覧ください。

http://www.mytutor-jpn.com/info/2018/0319135454.html


固定予約はご依頼いただきましてから約2週間後に開始させていただきます。

固定予約 ― よくある質問

▮ 固定予約の変更(解除)はできますか。

はい。 可能です。

固定予約の講師変更又は時間変更、及び解除はマイページ上部メニュー「カスタマーサポート」

からメールでご連絡ください。

一時的な変更及び解除は受け付けておりませんので予めご了承ください。

一時的な変更(例:来週火曜日は水曜日に変更してほしい)は、受講者ご自身でご予約を

キャンセルして振替をしてください。

▮ アカウントが2つある場合、それぞれで固定予約を申し込むことができますか?

はい。 アカウントごとに固定予約+特別固定予約(キャンセル不可)をご利用いただけます

例    アカウント A  固定予約 3コマ + 特別固定予約 2コマ

     アカウント B  固定予約 3コマ + 特別固定予約 2コマ

▮ 特別固定予約をポイントを消費することなく、一時停止(例:2週間)できますか。

いいえ。 ポイントを消費しないで一時停止はできません。

特別固定予約は一旦、ご契約されますとお客様からの「特別固定予約 解除」のご指示があるまでは、ポイントを消費しないキャンセルや一時停止ができません。これは、ご契約のお客様にご負担いただくことで、他のお客様からの固定予約をお断りしているためでございます。また、できるだけ多くのお客様からの固定予約のご希望を叶えたいこともあり、特別固定予約のキャンセルや一時停止をお断りさせていただいております。

▮ 同じ講師で月曜日 15:00,15:30 16:00 3コマ連続固定予約できますか。

いいえ。 できません。

同じ講師、同じ曜日でお取りできるのは最大2コマになります。

(例: Maria先生   月曜日 15:00, 15:30 )

▮ 固定予約が確認できません。 どうしてでしょうか?

稀にではございますが、担当者の操作ミス又は、一時的なシステム障害でご予約が完了していないことがございます。

ご予約の確認をレッスン日の10日~12日前にマイページでご確認いただき、ご予約漏れがあった場合、メールでご連絡いただくことで、ご予約ができる場合がございます。

例: 4月15日の固定予約 の確認を 4月3日~5日にご確認ください。

▮ 固定予約を1日だけ別の日に変更(振替)できますか?

いいえ、できません。固定予約は毎週決まったお時間で継続的にご予約を確保するサービスでございます。 一時的なご予約の振替は受け付けておりません。

固定予約の振替はお客様ご自身でお願いしております。

お客様ご自身でご予約をキャンセルされましてご希望の時間をお予約ください。

▮ 空きがでたら連絡していただけますか

申し訳ございません。固定予約の仮予約やウェイティング(空きが出来たら予約)は受け付けておりません。 お手数をおかけしますが、講師の空き状況をチェックいただき、空きができたタイミングでご連絡いただければ幸いと存じます。

▮ 希望の講師は必ず確保できる保証はありますか

申し訳ございません。希望講師を必ず予約(受講)できる保証はございません。

担任制―固定予約は、講師の出勤スケジュールや予約状況によって受講者のご希望時間にご用意できないこともございます。

また、固定予約を設定した後、講師の退職、休職、等の諸事情で固定予約が解除されることもございますので予めご了承ください。

▮ 残りポイントが少なくなりました。いつまでに追加購入する必要がありますか

固定予約は約2週間前に事務局で予約をしています。固定予約をする時点でポイントが足りなくなりますと予約ができません。ポイント不足で固定予約ができなかった日から7日までに追加購入してください。 7日経過してポイント追加購入がなかった場合、固定予約・特別固定予約は解除されます。

▮ ポイントの有効期限が迫っています。いつまでに追加購入する必要がありますか。

ポイント有効期限から7日までにポイントを追加購入してください。

有効期限から7日を経過しますと、 固定予約・特別固定予約は解除されます。


IELTS Speaking Special Seminar 100

レッスン カリキュラム

初級者 

▮ Lesson flow and curriculum could be change depend on student level or student request

▮ Lesson material (Question Form)would hand over every lesson time. 

▮Part 3 are related topics to Part 2 Part 3 ,so we prepare mix type lesson(50 min) for student take consecutive 2 lessons.


Lesson Curriculum  (100 Lessons  25min / lesson )

1 ー 15  【 Part 1- Basic Practice 1 】 Answer+ Extension  25min/lesson

16- 30  【 Part 1- Basic Practice 2 】  Write answer 25min/lesson

31ー 50  【 Part 1- Basic Practice 1 】 Mock exam style training 25min/lesson

51ー 75  【 Part 2 】  Mock exam style training   25min/lesson

76ー 100  【 Part 3 】  Mock exam style training   25min/lesson

OR

51ー100 【 Part 2 & 3 】 Mock exam style training   50min/lesson


中級者~ 上級者

Lesson Curriculum  (100 Lessons  25min / lesson )

1 ー 100 【Part 1】【Part 2】【Part 3】 Mock exam style training

25m /lesson or  50m /lesson     (depend on Level)

担当講師の判断で中級以上の方には Basic Practice を省き、上記カリキュラム とは異なり【Part 1】【Part 2】【Part 3】それぞれ類似問題を1レッスン 25 分)内に連続して受講いただくタイプの問題をご用意しております。

IELTS Speaking Special Seminar 50

レッスン カリキュラム

初級者 

▮ Lesson flow and curriculum could be change depend on student level or student request

▮ Lesson material (Question Form)would hand over every lesson time. 

▮Part 3 are related topics to Part 2 Part 3 ,so we prepare mix type lesson(50 min) for student take consecutive 2 lessons.


Lesson Curriculum  (50 Lessons  25min / lesson )

1 ー 10  【 Part 1- Basic Practice 1 】 Answer+ Extension  25min/lesson

11- 20  【 Part 1- Basic Practice 2 】  Write answer 25min/lesson

21ー 30  【 Part 1- Basic Practice 1 】 Mock exam style training 25min/lesson

31ー 40  【 Part 2 】  Mock exam style training   25min/lesson

41ー 50  【 Part 3 】  Mock exam style training   25min/lesson

OR

31ー 50 【 Part 2 & 3 】 Mock exam style training   50min/lesson


中級者~ 上級者

Lesson Curriculum  (50 Lessons  25min / lesson )

1 ー 50 【Part 1】【Part 2】【Part 3】 Mock exam style training

25m /lesson or  50m /lesson     (depend on Level)

担当講師の判断で中級以上の方には Basic Practice を省き、上記カリキュラム とは異なり【Part 1】【Part 2】【Part 3】それぞれ類似問題を1レッスン 25 分)内に連続して受講いただくタイプの問題をご用意しております。

IELTS対策 受講マニュアル

IELTS 対策 レベル別コースの選び方


IELTS 対策 レベル別コースの選び方 (初級者)

IELTS 対策 レベル別コースの選び方 (中級者)

IELTS 対策 レベル別コースの選び方 (上級者)


教材について 


▮ IELTS スピーキング特訓ゼミ(IELTS Speaking Special Seminar)

▮ IELTS ライティング特訓ゼミ(IELTS Writing Special Seminar)

▮ IELTS リーディング特訓ゼミ (IELTS Reading  Special Seminar)

▮ IELTS リスニング特訓ゼミ (IELTS Listening  (Past Exam) Special Seminar)

教材はレッスン時間に講師から受け取ることになっております。 予習で必要な方は、次回の分(複数回も可能)をレッスンの最後で講師にご指示いただき受け取っていただくことになっております。

初回分については、事前に配布しておりませんので、レッスン時間に受け取りください。


▮  IELTS Speaking Crash Course (バンドスコア 7+ 対策コース)

教材はマイページ上部メニュー「オリジナル教材」からダウンロードできます。

カリキュラムについて

IELTS スピーキング特訓ゼミ50(IELTS Speaking Special Seminar 50)

IELTS スピーキング特訓ゼミ100(IELTS Speaking Special Seminar 100)


IELTS Speaking Crash Course (バンドスコア 7+ 対策コース)

●  Speaking Discourse Marker (10レッスン)

●  Speaking Topic Word (20レッスン)

●  Speaking Grammar (20レッスン)

●  Speaking Idiomatic Expression (20レッスン)

●  Collocation and Phrasal Verb (20レッスン)

●  Speaking Paraphrasing (20レッスン)

●  Pronunciation (20レッスン)


レッスンの進め方

TOEFL/IELTS/英検等 ライティング レッスンの進め方

同時に複数科目を受講する場合

(例:スピーキング特訓ゼミ + ライティング特訓ゼミ)

IELTS Speaking Writing 模範回答について

担任制ー固定予約でお気に入りの講師を確保する

IELTS 対策 レベル別コースの選び方 (上級者)

中級者   現状6.0以上 目標スコア  7.5

IELTS対策では、4科目それぞれカリキュラムをご用意しております。

上級者の多くは、スピーキング → ライティング → リーディング →

リスニング の順で進めています。


もちろん、受講者の希望で必要な科目だけ受講いただけます。

また、 同時に複数のコースを受講することも可能です


IELTS スピーキング 対策コース


IELTS スピーキング 特訓ゼミ  (Mock Test 全 180問 )

類似問題を使い、25分のレッスンの中で「Part 1」→「Part 2」→「Part 3」の順で実践的に進めていきます。 受講者からの回答を基に講師が修正、アドバイスをしていきながら模範解答を作り上げていきます。 
現状スコア6.0を6.5 →7.0→7.5 と上げるために幅広い問題を数多く学習する

ことが必要です。

ハイスコアを目指す受講者はこちらもチャレンジ!!


IELTS Speaking Crash Course (バンドスコア 7+ 対策コース)

Crash Course は、IELTSスピーキングでバンドスコア 7以上を得点するために、採点基準の重要スキルを集中して学習する講座です。「スピーキング特訓ゼミ」が類似問題を使った総合学習カリキュラムであるのに比べ、Crash Courseでは、採点基準にある重要スキルを徹底して会得するカリキュラムになっています。

受講者が必要と思われるスキルを選んで受講してください。

IELTS ライティング 対策コース

IELTSライティング 特訓ゼミ (Task 1 全220問、Task 2 全150問)

Academic Module / General Training Module


実際の出題形式に合わせて【Task 1-Academic】、【Task 1-General】、【Task 2-Academic / General】のレッスンをご用意しました。


▮ レッスンの特徴

【Task 1-Academic】

Task 1で出題される典型的なチャートや図形、模式図などを使い、データの概要、特徴を正確に書いて説明するトレーニングです。


【Task 2-Academic / General】

Task 2で出題される主なエッセイのタイプ5種類を分析し、よりよいエッセイを書くトレーニングです。

  (Academic  / General )


▮ 添削サービス (添削くん)

スカイプ又はZOOMによるライティングレッスンとは違い、英作文を講師が添削してメールで返信するサービスになります。

「IELTSライティング特訓ゼミ」を購入したライティング受講者は、スカイプ、ZOOM レッスンと並行して添削サービスをご利用いただけます。


必要ポイント

Task 1 (180単語以内)    1ポイント

Task 2 (181単語以上)     2ポイント

IELTS リーディング 対策コース


IELTS リーディング 特訓ゼミ

レッスンの特徴

▮ Multiple-Choice, Summary-Completionなど実際に出題される問題タイプ

を検証し、慣れていただきます。

▮ 基本的な読解力を鍛えるトレーニングです。

パラグラフの構成やパッセージ全体の主題を読み取る力を身に着けます。

▮ スキミングやスキャニングなど読解テクニックを練習します。

▮ 必ず予習してレッスンに臨んでください。

ハイスコアを目指す受講者はこちらもチャレンジ!!


IELTSリーディング 特訓ゼミ  Academic 過去問 全40レッスン

( IELTS Reading Academic Past Exam) 

IELTS リスニング 対策コース 


IELTS リスニング過去問特訓ゼミ

セクション1と3ではダイアログ(複数の話者による会話形式)、セクション2と4がモノローグ(1人の話者が講義のように話すトーク形式)となっています。

社会・生活場面から学術・教育場面まで幅広い範囲で学習する必要があります。 とはいえ、常に決まったテーマ・問題形式なので、過去問の徹底学習で短期間にスコアアップがねらえます。

レッスンの流れ


➀ 問題用紙(Question)を講師が共有画面に写します。

② 問題用紙を見ながら音声を聞き質問に答えます。

③ 答え合わせをして、Note-taking、Answer Keyなどの指導を受けます。

④ ご希望があれば、当日分の教材とスクリプトを講師から受け取って終了となります。

  2回目からはレッスン時間で次回の教材(複数分でも可)受取り予習してください。

IELTS 対策 レベル別コースの選び方 (中級者)

中級者   現状5.0以上 目標スコア  6.0

IELTS対策では、4科目それぞれカリキュラムをご用意しております。

中級者の多くは、スピーキング → ライティング → リーディング →

リスニング の順で進めています。


もちろん、受講者の希望で必要な科目だけ受講いただけます。

また、 同時に複数のコースを受講することも可能です


IELTS スピーキング 対策コース


IELTS スピーキング 特訓ゼミ

類似問題を使い、25分のレッスンの中で「Part 1」→「Part 2」→「Part 3」の順で実践的に進めていきます。 受講者からの回答を基に講師が修正、アドバイスをしていきながら模範解答を作り上げていきます。 

ハイスコアを目指す受講者はこちらもチャレンジ!!


IELTS Speaking Crash Course (バンドスコア 7+ 対策コース)

Crash Course は、IELTSスピーキングでバンドスコア 7以上を得点するために、採点基準の重要スキルを集中して学習する講座です。「スピーキング特訓ゼミ」が類似問題を使った総合学習カリキュラムであるのに比べ、Crash Courseでは、採点基準にある重要スキルを徹底して会得するカリキュラムになっています。

受講者が必要と思われるスキルを選んで受講してください。

IELTS ライティング 対策コース

IELTSライティング 特訓ゼミ

Academic Module / General Training Module


実際の出題形式に合わせて【Task 1-Academic】、【Task 1-General】、【Task 2-Academic / General】のレッスンをご用意しました。


▮ レッスンの特徴

【Task 1-Academic】

Task 1で出題される典型的なチャートや図形、模式図などを使い、データの概要、特徴を正確に書いて説明するトレーニングです。


【Task 2-Academic / General】

Task 2で出題される主なエッセイのタイプ5種類を分析し、よりよいエッセイを書くトレーニングです。

  (Academic  / General )


▮ 添削サービス (添削くん)

スカイプ又はZOOMによるライティングレッスンとは違い、英作文を講師が添削してメールで返信するサービスになります。

「IELTSライティング特訓ゼミ」を購入したライティング受講者は、スカイプ、ZOOM レッスンと並行して添削サービスをご利用いただけます。


必要ポイント

Task 1 (180単語以内)    1ポイント

Task 2 (181単語以上)     2ポイント


IELTS リーディング 対策コース


IELTS リーディング 特訓ゼミ

レッスンの特徴

▮ Multiple-Choice, Summary-Completionなど実際に出題される問題タイプ

を検証し、慣れていただきます。

▮ 基本的な読解力を鍛えるトレーニングです。

パラグラフの構成やパッセージ全体の主題を読み取る力を身に着けます。

▮ スキミングやスキャニングなど読解テクニックを練習します。

▮ 必ず予習してレッスンに臨んでください。

ハイスコアを目指す受講者はこちらもチャレンジ!!


IELTSリーディング 特訓ゼミ  Academic 過去問 全40レッスン

( IELTS Reading Academic Past Exam) 

IELTS リスニング 対策コース 


IELTS リスニング過去問特訓ゼミ

セクション1と3ではダイアログ(複数の話者による会話形式)、セクション2と4がモノローグ(1人の話者が講義のように話すトーク形式)となっています。

社会・生活場面から学術・教育場面まで幅広い範囲で学習する必要があります。 とはいえ、常に決まったテーマ・問題形式なので、過去問の徹底学習で短期間にスコアアップがねらえます。

レッスンの流れ


➀ 問題用紙(Question)を講師が共有画面に写します。

② 問題用紙を見ながら音声を聞き質問に答えます。

③ 答え合わせをして、Note-taking、Answer Keyなどの指導を受けます。

④ ご希望があれば、当日分の教材とスクリプトを講師から受け取って終了となります。

  2回目からはレッスン時間で次回の教材(複数分でも可)受取り予習してください。

IELTS 対策 レベル別コースの選び方 (初級者)

初心者   IELTS スコア  4.5 未満

IELTS対策では、4科目それぞれカリキュラムをご用意しております。

初心者の多くは、スピーキング → ライティング → リーディング →

リスニング の順で進めています。


もちろん、受講者の希望で必要な科目だけ受講いただけます。

また、 同時に複数のコースを受講することも可能です

IELTS スピーキング 対策コース

IELTS スピーキング 特訓ゼミ  (Part 1は基礎問題選択可能)


問題形式(Part) 毎にレッスンを進めてまいります。Part 1をしっかり身に着けてからPart 2 に進みます。 各Partは試験類似問題を使い、受講者からの回答を基に講師が修正、アドバイスをしていきます。 Part1では、初心者向けに基礎練習も用意してあります。基礎練習が必要かどうかの判断は担当講師又は受講者からの希望によります。


Part 1  基礎練習1  Basic Practice

個人的な嗜好や日常一般的な質問に対し返答した後で、関連情報を1つか2つ

付け加える基礎レッスンです。


Part 1 基礎練習 2   Basic Practice

返答を書いてもらいます。返答が文法的に正しいか、質問に則した答えに

なっているかを講師とチェックしていきます。


または、


IELTS Speaking Crash Course (バンドスコア 7+ 対策コース)


Crash Course は、IELTSスピーキングで採点基準の重要スキルを集中して学習する講座です。

類似問題を使った 「スピーキング特訓ゼミ」 受講にはまだ早い初級者には、

Crash Courseを初級者向けにやさしく講師が指導します。

Crash Courseで、IELTSスピーキングの内容をよく知っていただくことができます。


IELTS  Writing Basic Course 

IELTS Writing Basic Courseは、IELTSの受験をしていない人、あるいは対策を始めた

ばかりの人に、ライティング スコア 5.0 を取得していただくカリキュラムです。


IELTS Writing試験の全体像を把握したうえで、ライティングの基礎からしっかりと

学ぶことができます。 Task 1(図表などの分析とレポート)、Task 2(エッセイ)の

基本的な回答法を会得するカリキュラムになります。


IELTS リーディング 特訓ゼミ 

  (Academic  / General )


レッスンの特徴

▮ Multiple-Choice, Summary-Completionなど実際に出題される問題タイプ

を検証し、慣れていただきます。

▮ 基本的な読解力を鍛えるトレーニングです。

パラグラフの構成やパッセージ全体の主題を読み取る力を身に着けます。

▮ スキミングやスキャニングなど読解テクニックを練習します。

▮ 必ず予習してレッスンに臨んでください。


IELTS リスニング 過去問 特訓ゼミ 

セクション1と3ではダイアログ(複数の話者による会話形式)、セクション2と4がモノローグ(1人の話者が講義のように話すトーク形式)となっています。

社会・生活場面から学術・教育場面まで幅広い範囲で学習する必要があります。 とはいえ、常に決まったテーマ・問題形式なので、過去問の徹底学習で短期間にスコアアップがねらえます。

レッスンの流れ


➀ 問題用紙(Question)を講師が共有画面に写します。

② 問題用紙を見ながら音声を聞き質問に答えます。

③ 答え合わせをして、Note-taking、Answer Keyなどの指導を受けます。

④ ご希望があれば、当日分の教材とスクリプトを講師から受け取って終了となります。

  2回目からはレッスン時間で次回の教材(複数分でも可)受取り予習してください。

ZOOMアプリをご利用ください。ZOOM ブラウザ(ZOOM クライアント)はご利用できません。


一般にZOOMを利用するには2つの方法があります。


1.ZOOMアプリをインストールしてZOOMアプリからサインインする

2.  ZOOMアプリをインストールせずにZOOMブラウザから参加する


「オンライン英会話マイチューター」 を利用するには必ずZOOMアプリをご利用ください。


必ず「ZOOMアプリをインストールして、ZOOMアプリからZOOMアカウントにサインインしてください。


ZOOMアプリをインストールすることなく、Webブラウザ(Webクライアント)から参加すると

講師からのコンタクトリクエストを承認できないため、当サービスをご利用いただけません。


〇  ZOOM アプリからサインイン

×  Web ブラウザから参加 - 講師がコールできません



——————————————————————————————————————————


Zoomを利用するには以下の2つの準備が必要です。

  • Zoom ソフトのインストール(無料)

  • Zoom アカウントの作成(無料)

 

それでは、順番にzoomご利用方法を説明します。

 

▮ Zoom ソフトのインストール

 

1.    zoom オフィシャルサイトからダウンロード(Windows版)

 

Zoomオフィシャルサイト(以下URL)に入り、下までスクロールしてください。

下部にあるダウンロード「ミーティングクライアント」をクリックします。

https://zoom.us/

 

 

=======================================================

 

2.  ミーティング用Zoomクライアント(Windows版)のダウンロード

 

プランの中にある「ミーティング用Zoomクライアント」を選び、

「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードされたファイル(Google Chromeでは下部に表示されます)をクリックしてください。

 

 

Mac User はこちらからダウンロード

(Mac iOS,  iPad, iPhone )

Mac User トラブルシューティング

Mac Userが Zoom ソフトをインストールする際、

セキュリテーとプライバシー設定の解除が必要な場合がございます。

 

================================================

 

3.   インストール完了 zoomアイコンの確認

PC画面に Zoomアイコンが現れます

=================================================

 

▮ Zoomアカウントの作成

 

 メールアドレス及びパスワードをご用意ください。

それでは、受講者のZoomアカウントを作っていきましょう。

  1.  メールアドレスを登録

 

まずはZOOMのオフィシャルページにアクセスします。

https://zoom.us/signup

 

するとこのような画面が出るので、右上の青いボタン

「サインアップは無料です」をクリックします。

 

 

続いてこのようにメールアドレスを入れてと指示がでるので、

Zoomで使用したいメールアドレスを入力しましょう。

(Gメールがオススメです)

メールアドレス入力後、 下の「サインアップ」をクリック

 

==================================================

 

2.   登録したメールアドレスを確認して「確認」をクリック

 

 

=================================================

 

3 .  登録したメールアドレスへ確認メールを送信したというメッセージ画面の確認

 

「案内メールを送りました」という文が出るので、申し込んだメールアドレス

の受信トレイをチェックします。

(※もしもここで届かない場合、迷惑メールにZoomからのメールが届いているか、

アドレスを間違っている場合があるので注意しましょう)

 

 

===============================================

 

4.   登録したメールアドレスに届いた確認メールを受け取る

メールを開くとこのような本文になっていることを確認出来ると思います。

これは「本登録を済ませてくださいね」という旨のメッセージなので、青色のボタンを押してアカウント登録を完了させましょう。

 

 

 

 

 

 

===================================================

 

5.  受講者の名前とパスワードを登録

 

ここで、それぞれ必要な情報である以下をそれぞれ入力していきます。

  • 登録者の名前
  • 登録者の名字
  • Zoomにログインするパスワード
  • 確認用に打ち込みパスワード

 

The password requirements for Zoom accounts are:

(次のパスワード要件にご注意ください。)

 

  • Must be at least 8 characters
  • Have at least 1 letter (a, b, c…)
  • Have at least 1 number (1, 2, 3…)
  • Include both uppercase and lower case letters
  • Cannot contain only one character (i.e., “111111” or “aaaaaa”)
  • Cannot contain consecutive characters (i.e., “123456” or “abcdef”)  

 

必要な情報を入力したら、一番下のボタンをクリックしましょう。

 

 

 

====================================================

 

6.   手続きをスキップするをクリック

 

こちらのページは何も入力せずに、スキップします。

 

 

==================================================

 

7.   アカウント作成 完了

 

こちらの画面がでてきたらアカウント作成が完了したことになります。

何もせずに閉じてください。

 

 

==================================================

▮  Zoomを使って レッスンを受ける

 

 1.    Zoom PCアプリを起動する

 

インストールしたZoomアプリケーションをダブルクリックします。

 

==================================================

 

2.  Zoomアカウントにサインイン

 

サインイン画面 の サインインをクリック

 

 

続いて 受講者のメールアドレスとパスワードを入力して サインインをクリック

 

 

==================================================

 

3.   Zoomアカウントで講師からのコールを待ちます。

 

初めての講師の場合、講師からコンタクトリクエストを承認する必要があります。

 

==================================================

 

4.   初めての講師から届いたコンタクトリクエストを承認

 

初めての講師からコンタクトリクエストが届くと画面上部「チャット」に

知らせがあります。(赤色で通知されます)

通知がありましたら「チャット」をクリックしてください。

 

 

 

講師からのコンタクトリクエストを承認します。

「あなたを連絡先として追加したいです」とメッセージが現れます。

 

 

 

==================================================

 

5.   講師からのコールを受信

 

講師からコールがありましたら「承認」をクリックします。

 

 

 

続いて「コンピューターでオーディオに参加」をクリックしてください。

 

==================================================

 

6.    Zoomアカウントのサインアウト

 

レッスンが終了したら、Zoomアカウントを閉じます。

そのまま閉じても構いませんが、次に別の受講者が利用する場合は、

アカウントをサインアウトしてから閉じてください。

右上の「ST」をクリックして「サインアウト」をクリック

(上部はアカウント登録者名、 下部にサインアウト)

 

 

ZOOM インストールからレッスン開始まで ( 一般会員様 )


ご注意 : 必ず「ZOOMソフトをインストールして、ZOOMアプリからZOOMアカウントにサインインしてください。


ZOOMソフトをインストールすることなく、Webブラウザ(Webクライアント)から参加すると

講師からのコンタクトリクエストを承認できないため、当サービスをご利用いただけません。


〇  ZOOM アプリからサイイン

×  Web ブラウザからサイイン - 講師がコールできません


Zoomを利用するには以下の2つの準備が必要です。

  • Zoom ソフトのインストール(無料)

  • Zoom アカウントの作成(無料)

 

それでは、順番にzoomご利用方法を説明します。

 

▮ Zoom ソフトのインストール

 

1.    zoom オフィシャルサイトからダウンロード(Windows版)

 

Zoomオフィシャルサイト(以下URL)に入り、下までスクロールしてください。

下部にあるダウンロード「ミーティングクライアント」をクリックします。

https://zoom.us/

 

 

=======================================================

 

2.  ミーティング用Zoomクライアント(Windows版)のダウンロード

 

プランの中にある「ミーティング用Zoomクライアント」を選び、

「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードされたファイル(Google Chromeでは下部に表示されます)をクリックしてください。

 

 

Mac User はこちらからダウンロード

(Mac iOS,  iPad, iPhone )

Mac User トラブルシューティング

Mac Userが Zoom ソフトをインストールする際、

セキュリテーとプライバシー設定の解除が必要な場合がございます。

 

================================================

 

3.   インストール完了 zoomアイコンの確認

PC画面に Zoomアイコンが現れます

=================================================

 

▮ Zoomアカウントの作成

 

 メールアドレス及びパスワードをご用意ください。

それでは、受講者のZoomアカウントを作っていきましょう。

  1.  メールアドレスを登録

 

まずはZOOMのオフィシャルページにアクセスします。

https://zoom.us/signup

 

するとこのような画面が出るので、右上の青いボタン

「サインアップは無料です」をクリックします。

 

 

続いてこのようにメールアドレスを入れてと指示がでるので、

Zoomで使用したいメールアドレスを入力しましょう。

(Gメールがオススメです)

メールアドレス入力後、 下の「サインアップ」をクリック

 

==================================================

 

2.   登録したメールアドレスを確認して「確認」をクリック

 

 

=================================================

 

3 .  登録したメールアドレスへ確認メールを送信したというメッセージ画面の確認

 

「案内メールを送りました」という文が出るので、申し込んだメールアドレス

の受信トレイをチェックします。

(※もしもここで届かない場合、迷惑メールにZoomからのメールが届いているか、

アドレスを間違っている場合があるので注意しましょう)

 

 

===============================================

 

4.   登録したメールアドレスに届いた確認メールを受け取る

メールを開くとこのような本文になっていることを確認出来ると思います。

これは「本登録を済ませてくださいね」という旨のメッセージなので、青色のボタンを押してアカウント登録を完了させましょう。

 

 

 

 

 

 

===================================================

 

5.  受講者の名前とパスワードを登録

 

ここで、それぞれ必要な情報である以下をそれぞれ入力していきます。

  • 登録者の名前
  • 登録者の名字
  • Zoomにログインするパスワード
  • 確認用に打ち込みパスワード

 

The password requirements for Zoom accounts are:

(次のパスワード要件にご注意ください。)

 

  • Must be at least 8 characters
  • Have at least 1 letter (a, b, c…)
  • Have at least 1 number (1, 2, 3…)
  • Include both uppercase and lower case letters
  • Cannot contain only one character (i.e., “111111” or “aaaaaa”)
  • Cannot contain consecutive characters (i.e., “123456” or “abcdef”)  

 

必要な情報を入力したら、一番下のボタンをクリックしましょう。

 

 

 

====================================================

 

6.   手続きをスキップするをクリック

 

こちらのページは何も入力せずに、スキップします。

 

 

==================================================

 

7.   アカウント作成 完了

 

こちらの画面がでてきたらアカウント作成が完了したことになります。

何もせずに閉じてください。

 

 

==================================================

▮  Zoomを使って レッスンを受ける

 

 1.    Zoom PCアプリを起動する

 

インストールしたZoomアプリケーションをダブルクリックします。

 

==================================================

 

2.  Zoomアカウントにサインイン

 

サインイン画面 の サインインをクリック

 

 

続いて 受講者のメールアドレスとパスワードを入力して サインインをクリック

 

 

==================================================

 

3.   Zoomアカウントで講師からのコールを待ちます。

 

初めての講師の場合、講師からコンタクトリクエストを承認する必要があります。

 

==================================================

 

4.   初めての講師から届いたコンタクトリクエストを承認

 

初めての講師からコンタクトリクエストが届くと画面上部「チャット」に

知らせがあります。(赤色で通知されます)

通知がありましたら「チャット」をクリックしてください。

 

 

 

講師からのコンタクトリクエストを承認します。

「あなたを連絡先として追加したいです」とメッセージが現れます。

 

 

 

==================================================

 

5.   講師からのコールを受信

 

講師からコールがありましたら「承認」をクリックします。

 

 

 

続いて「コンピューターでオーディオに参加」をクリックしてください。

 

==================================================

 

6.    Zoomアカウントのサインアウト

 

レッスンが終了したら、Zoomアカウントを閉じます。

そのまま閉じても構いませんが、次に別の受講者が利用する場合は、

アカウントをサインアウトしてから閉じてください。

右上の「ST」をクリックして「サインアウト」をクリック

(上部はアカウント登録者名、 下部にサインアウト)

 

 

TEEN TALK (1), (2)

中高生向け スピーキング上達プログラム (中上級者)

対象者レベル  英検® 準2~ 準1級


●TEEN TALK (1)   20 トピックス  40 レッスン(25分 × 20 )

●TEEN TALK (2)   20 トピックス  40 レッスン(25分 × 20 )



新しいTEEN TALKは、オリジナルの最高の品質を維持し、幅広い語彙の習得、新しい会話トピック、視点などを備えています。

ご存じのとおり、10代の若者は洗練された世界観を持っており、母国語ではっきりと話します。しかし、残念なことに、英語で話すとなると、自信がなく語彙力も幼稚な表現力しか持ち合わせていないかもしれません。

この本は、そのジレンマに的確に対処するように設計されています。全体の目的は、10代の若者が直面する興味深い「問題」を提示し、いくつかの重要な質問をし、主題についてさまざまな異なる見解を提示することによって、思考と表現の自由を習得することです。

受講者は、適切と思われる方法で対応し、提示された課題に同意または反対し、自分自身の解決策と洞察力を習得することができます。 

文法を教えるための教材ではありません。 文法については通常の英語のクラスですでにかなりよく行われていますと存じますのでここでは重点は置きません。

代わりに、この教材では、英語を母国語としない受講者が英語でオープンな表現力を養うことに重点を置いています。


▮ レッスンの特徴

20  Teen Issues with 20 Topical Dialogues


20トピックスが用意されています。 各トピックの所要時間の目安は
50分(25分 × 2)ですが、受講者のレベルで増減することもございます。


45 What – Does – it – Mean Quizzes

88 comprehension Questions

144 discussion Points

58 Opinion Samples

20 Reading Practices