TOEFL対策コラム

簡単なスコアアップのコツ!  アメリカ式キーボードに慣れる

▮ タイピングのスキルアップは必須!

IELTSライティングとは違い、TOEFLライティングではパソコンでエッセイを書きます
仕事でパソコンを使い慣れている方は問題ないと思いますが、
普段ケータイやスマートフォンの使用が多く、パソコンのキーボードに不慣れな方は
タイピングのスキルアップをしておきましょう。
ダウンロード タイピングの効果的な練習方法として、Official Guideなどに載っている
TOEFLテストのサンプルエッセイを見ながら、
それを自分でそのまま真似して打ち直すことをお勧めします
そうすることによって、タイピングのスキルだけでなく、普段自分では使わないような
表現、段落構成、アイディアの展開の仕方、なども同時に吸収する事ができます.
 

▮ アメリカ式キーボードに慣れる !

TOEFLはご承知の通りアメリカの大学へ行くためのテストです。
そのため、キーボード配列がアメリカ式のもの(QWERTY Keyboard)が使われます。
何が違うかって?
基本キーの配置は同じなのですが、記号などが微妙に違う所にあるので、初めての時は多少困惑するかもしれません。
受験者ひとりひとりにJISキーボードとUSキーボードの対応表が渡されますが
テスト本番にこの違いに慣れるのには時間があまりにもかかりすぎます。
はじめてTOEFLを受験する方にはUSキーボードへの慣れをおすすめします。
 
以下のキーボード配列がアメリカ式になります。 toefl writing 9