TOEFL対策コラム

簡単なスコアアップのコツ! Rhetorical Questionとは

▮ 採点官に好印象を与える” Rhetorical Question” とは?

toefl speaking 13

 

Rhetorical Question を上手く使うことで、

TOEFL採点官に自分の考えや主張を印象付けるだけでなく、

ポイントアップにつながります。

 

Rhetorical Questionとは、修辞疑問と呼ばれ、

“質問として述べられているが、答えられると想定されていない言明”

のことで、普段から日常的に使われています。

 

会話の中で、相手からの問いかけに対し、すぐに応対するように使ったり、

自分の考えを強調したり、相手に印象を強く持たせたりする効果があります。

 

日常会話ではこんな風に使われています。

 

  • “ Who knows ? “            toefl speaking 15
  • “Are you stupid?”
  • “Did you hear me?”
  • “OK?”
  • “Why not?”

 

また、センテンスの中で、簡単に使うこともできます。

以下の例のように、伝えたいことの後に、否定語を使い、

より強調させる効果があります。

 

  • “It’s too hot today. Isn’t it ? “
  • “The actors played the roles well. Didn’t they ? “

 

あなたが、アメリカのバーに行ってバーテンダーに“How are you “と聞かれたら、

調子が悪くても”Fine “とだけ言って、注文してください。(笑)

 

これも、Rhetorical Questionですから、バーテンダーは

あなたから健康状態の答えを聞いていません。

”注文は?“ の代わりに”How are you “と言っているだけです。

 

▮ The Rhetorical Why

 

 

TOEFLスピーキングテストにおいては、受験者自身の嗜好や経験などが問われます。

「Rhetorical Question」は質問に対し、

自分の考えを話し始めるきっかけとして使ったり、

主張を効果的に伝えるときにも有効です。

 

緊張している本番で、話をスタートするときには、Rhetorical Questionで始めることで

安心感をもってテストに望めます。

 

例えば、 「あなたに最も影響を与えた人は誰ですか?」という質問に対して、

 

Personally, I believe that my mother has been the biggest influence in my life.

Why has my mother been the biggest influence in my life?

Because she encourages and inspires me.

 

toefl speaking 16

Rhetorical why を使うことで、母親が自分に影響を与えた人物であることが、

より印象的に伝えられ、Because 以降で

自分の主張を述べていくことを上手く繋げています。

 

Personally, I believe that my mother has been the biggest influence in my life.

Why ?

Because she encourages and inspires me.

 

でもよいでしょう。

 

まずは無料体験へGO!   ご登録はこちらから