TOEFL対策コラム

5分でわかる! TOEFL リスニングテストとは

▮ TOEFL iBTリスニング 問題タイプは2種類だけ!

     

       講義 Lecture                          会話 Conversation

toefl listening 7

 

TOEFL iBTリスニングセクションの問題のタイプは「講義」と「会話」の2種類です。

講義形式の問題には、教授が専ら1人で話したり、1〜2人の学生が質問や回答をして参加する

純粋な講義形式や、教授が複数の学生に話をさせて

クラスディスカッションを導くものなどが含まれます。

会話問題の設定は、教授と学生、教育助手(や研究助手)と学生、

大学職員と学生などのやり取りがほとんどです。

 

▮ 得点に関係ない「実験問題」が含まれる可能性がある

 

リスニングテストでは、リーディングテスト同様に、解答に加算されない、toefl listening 14

将来使う試験問題の実地調査としての実験的な問題が付加されて、

他の受験者よりも多くの問題に解答しなければならない可能性があります。

この「実験問題」が含まれる場合には「会話」3つと「講義」6つ、

含まれない場合は、「会話」2つと「講義」4つを聞くことになります。

長い試験の場合の時間は90分(質問数51問)、

短い試験は60分(質問数34問)で、

長い試験の受験者が時間的に不利になることはありませんが、

(体力的に不利になることは間違いありませんが)

どの「会話」や「講義」が「実験問題」なのかはあらかじめわからない設定

なので、全ての問題に全力を尽くしていくようにしてください。

 

問題数・時間などをまとめると以下のようになります。

toefl listening 1

 

  • 講義形式 Lecture
    登場人物は「教授のみ」、または「教授と数名の生徒」。心理学、哲学、環境科学、地質学、考古学、天文学、歴史など、様々なアカデミック分野を題材とした講義内容。

サンプル音声

  • 会話形式 Conversation
    登場人物は「学生と教授」や「学生と大学職員」など。キャンパス生活の中でよく起こる事柄を題材とした会話内容。

サンプル音声

▮ リスニングセクション 問題のタイプ

1. multiple-choice (多岐選択問題)

4つの選択肢の中から正解を1つ選ぶ従来の形式の他に、正解を2つ以上選ぶ形式もあります。

この形式で出題される問題のタイプは以下のようになります。

  • テーマを問う問題
  • 詳細に関する問題
  • 推論問題
  • 話し手の態度を問う問題

- 話し手の態度は話の理解に非常に大切です。 それによって話の展開が左右されます。

全体から部分を把握するTop-downの言語処理能力と英語の発音と語彙と

語法知識全てが問われます。

  • 発言の意図・目的を問う問題

 

2. 並び替え問題

この形式では、複数の選択肢を時系列に沿って並び替える問題が出題されます。

選択肢の中身は一連の出来事やあるプロセスの各段階などです。

 

3. 表完成問題

この形式では、表の各項目を分類したり、正誤を判断したりする問題が出題されます。

toefl listening 15

解答方法: 話の内容に即して、各項目について該当するボックスをクリックします

 

 ▮ 画面で問題形式が分かります

 

TOEFL iBTリスニングセクションでは,「講義」「会話」どちらの形式が音声でながれるのかが画面上に写真が表示されるのでわかるようになっています。

初めに、ListeningセクションのDirections (問題指示)画面が表示され、音声が流れます。Directions画面の後、問題画面に進み、試験開始です。次に講義や会話の音声の聞き取りが始まります。 音声が流れると同時に講義や会話の状況を示す場面風景が表示されます。

 

講義 (Lecture)の場合

 

 

toefl listening 4

会話 (conversation)の場合

 

toefl listening 2