TOEFL対策コラム

5分でわかる! 問題カテゴリーと8つの問題タイプ

▮ リスニングセクションの解答に求められるスキルとは?

 

toefl listening 19

TOEFL iBT リスニングセクションの問題を解くために求められるのは、

Academic Listening Skills (アカデミック・リスニング・スキル)です。

アメリカの大学でのアカデミックな環境では、当然、

講義や会話を聴いて、理解できなければなりません。

 

TOEFL  iBT リスニングセクションでは、受験者の

Academic Listening Skills  を試すため、

8つの問題タイプの理解度が問われます。

そして、8つの問題タイプは3つのカテゴリーに分類されます。

TOEFLテスト対策では、問題の目的・特徴をきちんと知っておくことが大切です。

問題の目的・特徴の詳細は別のコラムでご案内いたしますが、

先ずは、3つのカテゴリーと8つの問題タイプを覚えてください。

 

▮ 3つのカテゴリーと8つの問題タイプ toefl listening 20

 

■ Listening for basic comprehension

(メイン・アイディアや、重要なポイント、メイン・アイディアに関する重要な箇所への理解- 会話や講義の目的、主題が問われます

 

1. Gist-content    主旨問題 (主題)

2. Gist-purpose  主旨問題 (目的)

3. Detail             詳細問題

■ Listening for pragmatic understanding

(話し手の態度や目的をくみ取る―話の一部をもう一度聴いて答える形式です

 

◇ 講義の一部をもう一度聴いて質問に答える  サンプル

 

4. Understanding the Function of What is Said     機能問題

5.   Understanding the Speaker’s Attitude                   態度問題

 

■ Connecting and  information

( 情報をつなげる、総合的に扱う―表を完成させたり、話の構成を言わせたりします

 

6. Understanding Organization                     まとめ問題 (構成)

7.    Connectiong Content                            まとめ問題     (関係)

8. Making Inference                                      推測問題