TOEFL対策コラム

簡単なスコアアップのコツ!  テスト開始のタイミングに気を付ける

TOEFL iBTテストはリーディング⇒リスニング⇒休憩⇒スピーキング⇒ライティングの順に行われます。

またライティングセクション内では、Integrated Task(リーディングとリスニングを基にエッセイを書く)

⇒Independent Task(与えられたトピックに対して自分の意見を述べる)の順に行われます。

 

toefl writing 10

ここで気を付けたいのは、TOEFL iBT は他の英語のテストのように、一斉に試験が開始されるわけではなく、

朝のチェックインの受付順に着席して、準備が整ってから各自のタイミングで始めるのです

 

それがライティングにどう影響するのか?

 

自分があまりに早くライティングを始めてしまうと、周囲の受験者がまだスピーキングの真っ最中である可能性があるわけです。

そうすると、ライティングの最初の課題はリスニングが必要なIntegrated Taskですから、

必要な情報を聞き取ろうとしている時に、周りの受験者の話す声によって集中力を乱される可能性もある、ということを覚えておきましょう。

だからといって遅れて会場に到着しろ、ということではないのですが、無理して焦って早く始める必要はないということです。もっとも、

 

’’周りの声ぐらいでは乱されない集中力と準備があれば問題ないことですが。’’