IELTS対策コラム

簡単なスコアアップのコツ!  note-taking ノートテイキング

ielts listening 18.jpg

▮ リスニングテストで求められる3つの技能

 
 
リスニングテストでは、厄介な以下の2つの問題タイプがあります。

  • 短く答える問題 (Short answer questions )
  • 文を完成させる (sentence completion questions )

 
この2つの問題タイプが厄介な理由は、同時に以下の3つの能力が求められるからです。
 

  • 放送内容から何を聞き取らなければならないかを質問文から読み取る
  • 答えを放送分から聞き取る
  • 答えを書き取る

 

▮ 読む、聞く、そして書く

 
放送中に“ 読む、聞く、書く”3つのスキルを同時に使うのは難しい作業です。 しかし、以下のように分業することで易しくなり、正解率を上げることができます。
 

  • 放送が流れる前に問題文をよく読む
  • 問題文からトピックの内容を想像し、答えを予測しながら聴く
  • 解答を最後に書く

 
最後の 「解答を最後に書く」で問題なのは、放送が進むにつれ答えを忘れてしまうことです。 そこで答えを忘れないようにするためのスキルが“note-taking ”です。 簡単に言えばメモを取ることです。  くれぐれも聞くことを邪魔しない程度にメモを取ってください。 メモを取るのに集中しすぎて放送についていけなくなると、次の問題がどれだかわからなくなりパニックになります。
 

 ▮ IELTS リスニングとtaking notes

Note-taking はあくまでも二次的な作業です。放送中は聞くことに集中しなければいけません。 しかしながら、Note-taking を身に付けることで解答率が上がるだけでなく、コミュニケーション能力全体がアップしますので、是非、身に付けてください。
 
IELTSリスニング⑦ Spelling 問題にチャレンジ! の解答
 
ielts listening 17.jpg

簡単なスコアアップのコツ!  Spelling スペリング

リスニングテストで高得点を取るには、リスニングスキルは基より、ライティングの2つのスキルアップが求められます。
 

  •  放送内容のポイントをできるだけ素早く書き取るスペルは気にしない

➡   Note-taking
 

  •  解答用紙にゆっくりと正確に書き出す―-スペルを間違えない

➡   Spelling
 

▮ スペリング 基本単語は必ず書けるようにする!

 
ielts listening 16.jpg
IELTS リスニングテストでは、基本単語のスペリングは重要です。 それは、スペルの間違いは0点になるからです。
難しい単語のスペルは出題されませんが、基本単語は必ず正しくかけるように練習してください。

□ 間違えやすい基本単語を知り、練習する

単語のスペリングは、IELTSリスニング受験者にとって悩ましい問題です。テストでスペリングを試されるのは基本単語ですが、間違えやすい単語が多くあります。 英語のスペルは音声とは異なることがよくありますので、何度も練習して覚えるしかありません。

Spelling 問題にチャレンジ!

ここにある基本単語は、IELTSを受験する皆さんは1つも間違えられません。
答えは次回コラムをご覧ください。
 

  1. I am looking  for some _________________.                                                                                                                                       A.  accommodation B.  acommodation  C. accomodation D  acccomoddation

 
2.    I don’t know what to ______________
A, beleve  B.  believe  C . beleave   D. beleeve
 
3.     Rome is a very ___________ city.                                                                                                                                                                                                                        A.   beautifull  B.      beatifull       C. beautiful      D. beutiful
 
4.  I don’t want to _________ your gift, it is too expensive.
A.   acsept   B.    expec  C. except  D.  accept
 

  1. We will need to do some more ____________.                                                                                                                                                                                                   A.  riserch      B  research      C   reserch     D.  reaserch

 

  1. I don’t know what you are ____________ to.                                                                                                                                                                                                      A.     referring       B. refferring      C.  refering   D. reffering

 

  1. That is a completely __________ matter.                                                                                                                                                                                                           A.  differrent     B.  different   C.  diffrent   D.  diferent

 

  1. I would ____________ that you read more                                                                                                                                                                                                        A.  reccommend B. recomend   C. recommend    D.. reccomend

 

  1. That is not really ______________                                                                                                                                                                                                                       A.  sufficient B.  suficient     C.  sufficent     D.  suficient

 
10.     They should carry out routine _____________.
A. maintainance  B.  maintenence  C.  maintainence   D. maintenance
 
11.  That is an interesting ________________.
A.  development  B.  developement   C. developpemnt    D.  developmant
 
12.    You should do this _______________.
A.   imediately  B.  immediatly   C. imediatly    D.  immediately
 
13.    I don’t know _________ I should go or not.
A.   wether B. wheather    C.  weather   D. whether
 
14.    One day I want to be _____________.
A.   sucessful B. successfull   C. succesful    D.  successful
 
15.    He ____________ to live in Bristol.
A.   prefered   B. preferred    C.  preffered    D.   prefferred
 
 

絶対に落してはいけない問題  「番号」「住所」「日付」を聞き逃さない

▮ “愚かな”間違いは許されません!

 
リスニングテストでバンド7以上を目指すのであれば、セクション1での“愚かな”間違いは許されません。 セクション1は10問中10問正解しなければなりません。 理由は、問題は後に行けばいくほど難しくなるからです。
ielts listening 14.jpg
 
しかしながら、驚くほどに、こんな簡単な問題を間違える受験者が多いのが事実です。
ここでは、セクション1で取りこぼしがないように番号、住所、名前、時間についての注意点をお話しします。
 

電話番号     Telephone numbers

 
受験者が電話番号を聞くときに注意する点を2〜3挙げてみましょう。

  • 0 は “oh オー“と発音されます。 “zero ゼロ”ではありません。
  • 同じ番号が続く場合、”double 7 “ のように言います。
  • 一般に、番号は一つひとつ言いません。 2〜3つのグループ毎に言います。

13554684616 は 13- double 5 – 468 – 46- 16 のようにグループごとに発音されます。
 

住所       Addresses

 
住宅 番地
建物の住所についての音声が流れたら、番地(Street number)と道名(Street name)をしっかり聞いてください。番地 (Street number)はStreet nameの前に言われます。
 
21 Jamboree Street
 
又は
 
29,  Fairfax Street,  that’s F-A-I-R-F-A-X
 
一般的ないくつかの道の呼び方はスペルを間違えないようにしっかり覚えておきましょう。

  • Road
  • Lane
  • Street
  • Avenue

 
イギリス式の郵便番号(Postcode)の書き方も必ず覚えてください。アメリカではZIP codeと呼ばれるものですが問題はイギリス式が出ます。 このPostcodeは、住所の後に書きます。そして番号とアルファベットで表されます。
 
21, Fairfax Road
York
 YO1 5AK
 
 

日付        Dates 

 
日付の場合、話す時と書く時では違いがあります。
 
“ the 24th of November “ –  Speaking
“  24 November / 24th November “ – Writing
 
解答で日付を書くときは、「one word / two words 」のように解答指示で書き出す数が決められています。 “the “ や “ of “ は決して解答に書いてはいけません。 月を日付の前に入れるかは特に問題になりません。
 

▮ 話し手の言い間違いや、言い直しに惑わされるな!

 
ielts listening 15.jpg
 
リスニングテストでは、受験者を惑わせるために、日付や番号の言い間違いが故意に使われます。 話しては言い直したりした場合、多くは2番目の番号や日付が正しい答えになることも覚えておきましょう。
 
以下に代表的なひっかけ問題を3つ挙げてみます。
 
1) My number is 123-654—0754. Oh, I’m sorry, that’s my old number. My new number
is 123-456- 5971
この場合正解は、123-456-5971
 
2)   The train leaves at 7:30 a.m., so we have to be at station 20 minutes before that.
この場合、正解は 7:10 a.m.
 
3)     A :  So, that’s Forrest with two ‘ R ‘ s.
B :  No, only one.
この場合、正解は Forest
 

リスニング攻略に絶対覚えたい!6つの出題タイプ

▮ 解答指示文をよく読む

 
ielts listening 13.jpg
 
IELTSリスニングテストには、問題タイプが6つあります。実際のテストには、全てのタイプが含まれているとは限りません。  それぞれの問題文には解答指示文が併記されています。 指示通りに書かないと得点はもらえません。 特にNO MORE THANという指示には気を付けてください。
 
Write NO MORE THAN TWO WORDS AND/ OR A NUMBER for each answer.
 
とある場合は、「2語以内の単語 又は 数字1つ」あるいは、「2語以内の単語 + 数字1つ」になります。
決して3語以上の単語や数字を2つ以上書かないでください。
 

▮ 6つの出題タイプを頭に叩き込む

 
ielts listening 12.jpg
 
それでは、6つのタイプと解答指示文をご覧ください。
 
① Multiple-Choice (多項選択式)

  • Choose the correct letter, A,B or C. (文字を選ぶ)
  • Choose TWO letters A – E. (文字を選ぶ)
  • Circle the correct letters A – C. (文字に丸をつける)
  • Circle THREE Letters A – E. (文字に丸をつける)

 
② Matching (組み合わせる)

  • When did the following events take place ?
  • Write the correct letter, A, B or C next to questions 1- 4 .
  • Write the appropriate letters A – C against questions 1 – 4 .
  • What does lecture say about …. ?
  • Choose your answers from the box and write the correct letter A – G next to questions 21 – 24 .

 
③ Short Answer (短く答える問題)

  • Answer the question below.
  • Write NO MORE THAN TWO WOEDS or A NUMBER for each answer
  • List THREE things…
  • Write NO MORE THAN THREE WORDS for each answer

 
④ Sentence Completion (文を完成させる)

  • Complete the sentences below.
  • Write NO MORE THAN THREE WORDS for each answer.

 
⑤ Labeling a map / diagram (地図・図表を完成させる)

  • Label the map below.
  • Choose FOUR answers from the box and write the correct letter A –G next to questions 17 – 20.
  • Write NO MORE THAN WORDS AND / OR A NUMBER for each answer.

 
⑥ Form Completion (書式・メモ・表・フローチャート・要約を完成させる)

  • Complete the application form using NO MORE THAN TWO WORDS.
  • Complete the table below.
  • Write NO MORE THAN TWO WORDS AND / OR A NUMBER for each answer.

 
③ 〜 ⑥ は解答用紙に単語や数字を書かせる問題です。答えが分かっていても、スペルミスや複数の「s」の付け忘れがあると点数になりません。基本的な単語のスペルは書けるようにしてください。