IELTS対策コラム

バイリンガルがこっそり教える勉強法  鏡の前で練習!?

Gladysグラディス | IELTSインストラクター

Written/Edited by Gladys Glenda   

留学・ビジネス英語に強い  オンライン英会話 マイチューター


▮ 一人でもできるスピーキング練習 鏡の前で話す効果は? 

 

スピーキングの上達はとにかく毎日話すことです。 そうは言っても 「話す相手がいない」ことも多いですよね。 相手がいなくてもスピーキングの練習ができる効果的な方法があります。 しかもこの練習法はIELTSスピーキングにも最適なんです。

 

鏡の前で何か身近なトピックを話してみてください。 話す時に注意することがあります。 必ずアイコンタクトボディーランゲージを気にしてください。  IELTSスピーキングは試験管と1対1の対面式で行われます。 鏡に映った自分を試験管に見立て目を見ながら話してみましょう。 もちろん、ずっと凝視する必要はありません。 話す時間の50%〜70%が妥当です。

 

また、ボディランゲージを使い身体で表現することも大事です。 身体を使うことで、あなた自身がリラックスでき、アイディアを言葉にするのが楽になります。 また、言いたいことが試験管にもよく伝わることで評価も上がります。

 

beauty

▮ 話す内容は身近なこと

初めは照れ臭いかもしれませんが、慣れていくと、話しているときの表情や、口の動きにも注意するようになります。マイクの前でひたすら話すTOEFLスピーキングと違い、IELTSスピーキングは面接官との対面式ですから、受験者はなるべく笑顔で表情豊かに話すことも大切です。

さて、参考までに鏡の前で話すトピックをいくつかご紹介しますので、まずはこちらの身近なトピックから始めてみてください。


FAMILY

  • Describe your family

  • Do you have a large or small family?

  • How much time do you spend with your family?

  • What do you like to do together as a family?

  • Do you get along well with your family?

  • Are people in your country generally close to their families?

WORK

  • What do you do?

  • What are your responsibilities?

  • How many hours do you work each day?

  • Do you enjoy your work?

  • Is there some other kind of work you would rather do?

  • If you could change your job or profession, what would you do?

  • Describe the process of getting a job in your country.

  • Describe the company or organization you work for.

  • What is your position?

  • What do you like about your job?

  • What do you dislike about your job?

EDUCATION

  • Describe your education.

  • What kind of school did you go to as a child?

  • Did you go to a co-educational school?

  • What was your favorite subject as a child?

  • Who was your favorite teacher?

  • What is the education system like in your country?

  • Do you think your country has an effective education system?

 

▮ 何度も繰り返し練習すること

 

初めに申し上げた「アイコンタクト」と「ボディランゲージ」に注意しながら何度も繰り返し練習してください。

「Fluency and  Coherence・・・話しぶりの流暢さ、首尾一貫」はIELTSスピーキング評価基準です。 上のトピックスを流暢にはなせるまで練習を続けてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

This is a strange sounding piece of advice, but it can be very practical, talk to a mirror – especially if you don’t have a speaking partner. The idea is that when you practice speaking, you should sit in front of a mirror and speak to yourself. It can work because: eye contact is extremely important in all parts of the test. Examiners are influenced by candidates who make eye contact – even though they may not be aware of this. Typically, the candidate who makes good eye contact gets a more generous mark because they seem to be communicating better as body language. The other point is that, for most people, sitting and looking at themselves in a mirror is an uncomfortable experience. After that, the exam will seem easy!

The following are some sample topics and questions that are usually asked during the speaking part of the IELTS exam or the International English Language Testing System. You can use the following and practice your speaking skills in front of a mirror or with someone who knows the use of English language properly. Practice makes perfect and good luck!


FAMILY

  • Describe your family

  • Do you have a large or small family?

  • How much time do you spend with your family?

  • What do you like to do together as a family?

  • Do you get along well with your family?

  • Are people in your country generally close to their families?

WORK

  • What do you do?

  • What are your responsibilities?

  • How many hours do you work each day?

  • Do you enjoy your work?

  • Is there some other kind of work you would rather do?

  • If you could change your job or profession, what would you do?

  • Describe the process of getting a job in your country.

  • Describe the company or organization you work for.

  • What is your position?

  • What do you like about your job?

  • What do you dislike about your job?

EDUCATION

  • Describe your education.

  • What kind of school did you go to as a child?

  • Did you go to a co-educational school?

  • What was your favorite subject as a child?

  • Who was your favorite teacher?

  • What is the education system like in your country?

  • Do you think your country has an effective education system?

Speak Freely. This is easy to say but hard in practical, but try don’t be nervous during or before test. Examiners are friendly persons so try to converse them like friends.

Question:

One of the 4 criteria the IELTS Speaking is assessed on is Lexical Resource. What does this mean?

a. Show your knowledge of English grammar by using a range of words.

b. Show your knowledge of English vocabulary by using a range of words.

c. Show your knowledge of English pronunciation by using a range of words.

上級者が実践している! 9つの解答ステップ

StellaIELTS Writing Tips 3

Written/Edited by Stella Abos   

留学・ビジネス英語に強い   オンライン英会話 マイチューター

 


 

▮  ライティング アカデミック版で成果を上げる

 

IELTSライティングテストは、Academic Module(アカデミック版)とGeneral Module(一般訓練版)2つのフォーマットに分かれます。 留学を目指す受験者はAcademic Moduleを受験することになります。 Academic Moduleは英語圏の大学あるいは大学院で勉強する英語スキルが十分備わっているかを評価します。

大学あるいは大学院での授業に支障ない英語レベルを試されるわけですから、当然、語彙、文法、構文力など英語の基礎はしっかり身に付ける必要があります。 この基礎は、地道な努力を積み上げるしかありません。 十分な基礎能力をつけたうえで、スコアを上げるための対策、秘訣を身に付けていきましょう。

それではアカデミック版 ライティングテスト Task 1 とTask 2の攻略法を見ていきましょう。

 

ielts listening 18.jpg

▮ アカデミック版 Task 1 スコアアップに必要な5つのポイント

 

Task 1は、図やグラフなどのデータから情報読み取り自分の言葉で描写するテストです。 これは実際の大学の講義にもよく見られます。

 

1 .   先ずは設問に出てくる表やグラフを見て、表すデータから情報を読み取ってください。 情報からは、表が表す数字や比較する材料が読み取れるでしょう。  また、表によってその傾向や経緯も読み取れるでしょう。

 

2 .  いったん書き始めるタイミングになったら、今一度、丁寧に設問文とグラフを見直し、どう書き始めるか決めてください。 問題冊子に、書く内容をメモしておきましょう。

 

3 .  書き出し部分(イントロダクション)は、与えられた表やグラフ、チャートが何を表しているかを自分の言葉で書いていきます。

タスク指示文をそのまま引用すると減点になりますので気を付けましょう。 試験官によっては、文字数をカウントしない場合もあります。

タスク指示文にはイントロダクションを書くために必要な情報が入っていますので、それを違った表現で書くこと、すなわちparaphrasing (言い換え)するのが課題です。

 

4 .  イントロダクションの次は本体パラグラフを書いていきます。 本体パラグラフでは、データから読み取れる情報を記述していきます。 チャートやグラフに示されているトレンド(状況が変化し、展開していく大まかな方向、傾向、潮流)と、その重要な特徴を説明していきます。  決して自分の意見を記述しないでください。

 

5 .  150語以上書くことを忘れないでください。  150語に達しないエッセイは減点になります。

 

▮ アカデミック版 Task 2 スコアアップに必要な4つのポイント

 

Task 2  では、提示された問題について、賛否の議論や利点・欠点の比較など、自分の意見を論理的に展開していくことが求められます。

 

1 .  初めにタスク指示書をよく読んでください。 実際に、 受験者の多くが、タスク指示書をよく理解せず、エッセイを書き始めてしまいます。 エッセイの内容が少しでも指示書とずれていれば減点になります。

 

2 .  タスク指示書をよく理解できましたら、エッセイのプランを立てます。 問題冊子にプランをメモ書きしておくと良いでしょう。  そして、自分の立場を決めたら、書き出し部分(イントロダクション)を書き始めます。

 

3 .  タスク指示書からのコピー引用は避け、自分の言葉で書きましょう。 Task 1 でも述べましたが、文字数をカウントされない可能性があります。

Task  1 と同様、フォーマルでアカデミックな英語を使って書かなければなりません。  論点を整理し、発展させ、あなた個人の意見を示すのです。  自らの意見を述べ、それを証拠や例証で支えます。  明快で筋の通った記述を心がけ、結論へ向けて論理展開します。  そして、問題全体に答える結論でなくてはいけません。

 

4 .  250語以上書くことを忘れないでください。  250語に達しないエッセイは減点になります。

 

バイリンガルに学ぶ! スキミング4つのポイント

Shan     シャン   IELTSインストラクター

   留学対策・ビジネス英語に強い   オンライン英会話 マイチューター

 


0930_05

▮スキミングって?

IELTS リーディングセクションは、わずか60分の間に、3つのパッセージを読み、解答するテストです。 よほどの上級者でない限り、文章を最初から最後まで読んでいると…

「時間が足りなくて、全部を解答することができなかった…」

なんてことになってしまいます。

そこで、効果的に長文を「速読」する方法を紹介しましょう。

スキミング」って言葉を聞いたことがありますか?

スキミング(Skimming)とは、全体を素早く読むことです。「読む」というより「見る」に近い動きです。 実際には目を素早く動かして早読みすることになります。

スキミングは、何が書かれているか知らない状態で、トピックの概要、アイディア、筋道を理解するために読みます。

よく「斜め読み」とか「ざっくり読み」とか言われますが、この方法を英語ではスキミングと言います。

 

ielts reading 16

▮ スキミングを使いこなす4つのポイント

        1. タイトル、情報源、著者、挿絵を「見る」ことから準備

まずは、パッセージのタイトル、情報源、著者、挿絵を「見る」ことから準備を始めます。 そこで、「誰が、いつ、どこで、何をしたのか」という質問を頭に入れてください。 この質問の答えを探しながら、目を素早く動かし「斜め読み、ジグザグ読み」を始めるのです。 そして、重要と思われる、人物名、数字、場所、アイディア、または、キーワードの前後に登場する語彙、「therefore」, 「whenever」, 「until」、「 because」, 「 instead」を見つけます。

 

        2. 手掛かりwordsに注意を払う

全ての文字を見る必要はありません。手掛かりになる「太字」「イタリック文字」「数字」に注意を払い読み進めます。 そして、キーワードとなる人物名、数字、場所などを見つけておきます。

 

        3. 段落の初めと終わりを読む

各段落の第一文と最終文は主題と結論が書かれていることが多いので大切に読みます。そこを読むだけで、全体分の概要が素早く把握できます。

 

        4. スキミングを止めない

読み進める中で、ここは重要と思われるところがあれば、全体を見るのを止めて、重要な語彙をよく確認します。しかし、よほど重要なところ以外はスキミングを止めないでください。各パッセージで、スキミングの時間は2〜3分のみで行うのがベストです。

 

▮ スキミングを使って IELTSライティング攻略

実際のIELTSライティングテストでは、スキミングで以下の大まかな内容を把握します。

ielts reading 22.png.jpg

▮ IELTS パラグラフの構成を読み取る

パッセージでは、情報の提示方法が工夫されています。 IELTSのリーディング・パッセージは、多くの場合、以下の4つのパターンのどれかで構成されています。

  • 問題と解決
  • 比較対象
  • 原因と結果
  • 分類

パッセージの構成パターンを知っていれば、答えがどこにあるか早く見つけることができるはずです。

 

ielts reading 23.png.jpg